注目の記事 PICK UP!

アレルギーにお悩みの方、乳酸菌生活はじめませんか?

ご存知ですか?
現在、日本人の2人に1人が何らかのアレルギーを抱えていると言われています。「あ、私だ」と思った方もいるでしょう。
アレルギーと言っても色々な種類があります。パッと思いつくだけでも、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息、ハウスダストなど・・・。
アレルギー症状を少しでも緩和したいけどどうやって選べばいいのかわからないというあなたのために、実際に乳酸菌生活をしている私が、乳酸菌の選び方、また効果的な摂取方法についてお伝えしていきます。

アレルギーに乳酸菌!

かくいう私も多分花粉症です。
なぜ多分かと言いますと、病院に行っていないのではっきりと診断されたことがないからです。

病院には行きたくない、薬も飲みたくない、だけどアレルギー症状の緩和はしたい。何とかいい方法はないでしょうか?
その要望に応えてくれるのが、ズバリ「乳酸菌」です。乳酸菌には、免疫力を高め、アレルギーを予防したり、症状を和らげたりする力があります。
最近では手軽に摂取できる乳酸菌入りのサプリメントも充実していますよね。
実際に私も乳酸菌を飲み始めて2年位経ちますが、今年の花粉の時期にはいつもより症状がましでした。しかも、嬉しいことに付属効果として便秘も改善されたのです。
しかし、ただやみくもに乳酸菌を摂取すればいいというわけではありません。
ではどんな乳酸菌を選べばいいのでしょう?
そしてどのように摂取するのが一番効果的でしょう?

乳酸菌にはどんな種類があるの?

乳酸菌には様々な種類があり、200種類以上があります。
中でもアレルギーの症状改善に役立つ乳酸菌をいくつか集めてみました。
でもどうせ乳酸菌を摂取するならアレルギー症状緩和だけでなく、他の効果もあったら嬉しいですよね。是非下記の表を参考にお気に入りの乳酸菌を選んでください。

菌名 何に効果があるか
リフレクト乳酸菌(T-21株) アレルギー症状の緩和
L-92乳酸菌 アレルギー症状の緩和、感染症リスク低減
ビフィズス菌LKM512株 アトピー、便秘予防・解消、免疫力強化、大腸がん予防、アンチエイジング
ビフィズス菌BB536株 花粉症、大腸がんの予防、骨の健康、コレステロール値の低下作用、病原菌O-157対策
クレモリス菌FC株 アレルギー症状の緩和、便秘予防と解消、中性脂肪低減、血糖値の上昇抑制
KW乳酸菌(KW3110株) アレルギー症状の緩和、免疫力強化、便秘予防と解消
ロイテリ菌プロデンティス アトピー、免疫力強化、便秘予防と解消、歯周病予防、虫歯予防、ピロリ菌対策、胃腸機能回復・改善
クリスパタス菌(KT-11) アレルギー症状の緩和、歯周病予防、便秘予防と改善
LGG乳酸菌 アレルギー症状の緩和、抗肥満作用、コレステロール値の低下、感染症のリスク低減・症状軽減
プロテクト乳酸菌 アレルギー症状の緩和、免疫力強化、インフルエンザ対策
乳酸菌シロタ株 アレルギー症状の緩和、便秘予防と解消、免疫細胞活性化
L-55株 アレルギー症状の緩和、便秘予防と解消
ビフィズス菌G9-1株 アレルギー、花粉症、コレステロール値の低下、中性脂肪低減、血糖値の上昇抑制
フェカリス菌FK-23株 アレルギー、花粉症、便秘予防と解消、がん予防、抗肥満作用、感染症のリスク低減・症状軽減
フェカリス菌EF-2001株 アトピー、便秘予防と解消、免疫力強化、がん予防、コレステロール値の低下作用
フェカリス菌EC-12株 花粉、アレルギー、免疫力強化、体脂肪・内臓脂肪の低減、インフルエンザ対策、便秘予防と解消

さて、気になるものはありましたか?
早速乳酸菌生活を始めよう!と思ったあなた、ちょっと待ってください!ここで1つお伝えしておきたい点があります。

乳酸菌にも体質に合う、合わないがあります。
摂取しているにもかかわらず、まったく効果を感じられないという場合は、思い切って違う乳酸菌に変えてみましょう。
自分の体質に合ったものであれば、腸内環境が改善され、便秘が改善した、吹き出物が減ってきたなど、何らかの効果を感じられるはず。全く効果がなさそうなら、2週間を目安に違うものに変更することも大事です。
そうすればあなたに合う乳酸菌がきっと見つかるはずです。また、乳酸菌は複数種類を摂取しても問題ありません。1種類ではなく複数種類の乳酸菌を続けてみるのもおすすめです。

乳酸菌の効果的な摂取方法

では乳酸菌の種類が決まったところで、一体どのように摂取すると一番効果があるのでしょうか。

まず、乳酸菌のうち、とくに生菌と呼ばれる生きた菌の場合は「食後」に摂取するのが一番効果的です。これは、胃酸の影響で死んでしまうからです。だから、胃酸の働きが弱まる食後がおすすめ!
殺菌乳酸菌、死菌と呼ばれる乳酸菌も、実は腸内環境にとって重要な役割を果たします。

どんな乳酸菌も「毎日かかさず」「一か月以上継続して」飲むことが大事です。

そして、摂取方法としては
1.食物から直接
2.乳酸菌入り飲料
3.サプリメント
があげられます。

なんといっても私が一番におすすめなのはサプリメントです。

●サプリメントは、持ち運びに便利なので、旅行先でも、仕事の合間でも手軽に摂取することができます。しかも、ヨーグルトや乳酸菌飲料と違って常温で保存でき、保存期間も長いです。
●サプリメントは種類が豊富で、美容成分やダイエット成分が含まれているものもあります。
●サプリメントは、食品で摂取するよりも、カロリーが低く、摂取効率もいいので、カロリーを気にする人でも飲めます。

4つめが私の最大のおすすめポイントなのですが、実は、私自身、最初はずっと乳酸菌入り飲料を飲んできました。
効果を高めるためにいつも夕食後に飲んでいたのですが、ご飯ですでにお腹いっぱいの状態なのに、乳酸菌飲料が入る隙間がないのです。(笑)無理やり飲もうすると今度はカロリーが気になる始末・・・結果、明日でいいやということが何度もありました。
乳酸菌は「毎日欠かさず」摂取することが大事なのに、それが出来ていませんでした。
なので、私は、満腹でも飲めて、しかも低カロリーのサプリメントを重宝しています。
しかも、うれしいことに、サプリメントに変えてからのほうがお肌の調子もいい気がします。

善玉育菌サプリ スルーラ

16種35株の乳酸菌・ビフィズス菌を配合!EC-12乳酸菌とBR-108 ビフィズス菌も入っています。
また、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や、消化を助けるダイジェザイム、酵素も入っていて、ダイエットが気になる方や毎日スッキリしない方にもオススメ!
パウダー状で、水などに溶かして飲んだり、ヨーグルトにかけたり、粉のまま飲んだりと、飲みやすい形で飲めるので非常に手軽!
個包装なので、持ち歩きにも便利です。ベリー味で飲みやすく、続けやすいのも魅力。
今なら、初めての方限定送料無料980円!

スルーラ 今だけ980円!

まとめ

1.乳酸菌にはたくさんの種類があり、効果も様々。
まずは、目的から気に入った種類を選び、実際に摂取してみて、もし効果を感じられなければ他の種類を試してみましょう。(目安は2週間です。)

2.乳酸菌は毎日、欠かさず、1カ月以上継続して摂取しましょう。

3.乳酸菌は、「食後」に摂取するのが効果的。

4.ダイエット中の人やカロリーが気になる方には絶対にサプリメントがおすすめ!手軽で取り入れやすいです。
しかし、きちんと原材料を見て選ぶこと、用法を守って摂取することが大切です。

いかがでしたでしょうか?
少しでもアレルギー症状が緩和されるように、一緒に乳酸菌生活を始めてみませんか?

関連記事

  1. 【体験談】妊活サプリを飲み始めるまでが大変

  2. 【体験談】30歳超え、生理不順のあった私の妊活

  3. 妊活がおすすめな理由

  4. ディアナチュラ「葉酸サプリ」の効果は?実体験レビュー

  5. トマトを毎日食べて健康な体と美肌に!話題のリコピンと乳酸菌を徹底解説

  6. 妊活サプリにご興味のある女性に聞きました!

  7. 【体験談】葉酸サプリ「ベルタ」を飲んで妊活卒業しました!

  8. 【体験談】体質改善が妊娠への近道!サプリ有効活用

  9. 【体験談】不妊症と診断された私が試した妊活サプリメント

人気記事

最近の記事

  1. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!
  2. プラセンタは肝臓にもいいって本当?メリットとデメリットを徹底解説!
  3. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

最近の記事

  1. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!
  2. プラセンタは肝臓にもいいって本当?メリットとデメリットを徹底解説!
  3. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

おすすめ記事

2019年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP