注目の記事 PICK UP!

アレルギーや免疫力UPに乳酸菌!妊活・妊娠中に乳酸菌を取りたい理由

はじめに-「乳酸菌」とは?

 「乳酸菌」と聞いたとき、真っ先に思い浮かぶのはヨーグルトやチーズなどの乳製品ではないでしょうか。これら食品に含まれる乳酸菌は、健康に良いものとして広く認知されており、意識して摂取している人も多いと思います。また、人の体の中、例えば腸内に乳酸菌がいることを思い浮かべる人もいるでしょう。腸内常在細菌叢(腸内フローラ)には善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類がいて、免疫力やアレルギー症状、便通などに影響する、とまで知っている人もいるのではないでしょうか。
もともと乳酸菌とは「代謝により乳酸を産生する細菌類の総称(Wikipediaより引用)」で、特定の菌を指すものではありません。
その性質は、ヨーグルトやチーズ、味噌や漬物などの食品の発酵を助けたり、人をはじめとした動物の腸管に生息してその産生する乳酸で腸を刺激し糞便を促す働きをしたりと、有用性が高いと言えます。このような働き、「乳酸菌が健康に良い」ということは一般的によく知られているのですが、ここでは「乳酸菌がなぜ免疫力の向上やアレルギー症状の改善に役立つのか?」、「妊婦さんや妊活中の女性は乳酸菌を摂取しても大丈夫か?」という、乳酸菌に関するより具体的な、役立つ情報をまとめてみたいと思います。

「免疫力」と乳酸菌の関係

 まずは「免疫力」と乳酸菌の関係についてです。「免疫力」とは、体内に入ったウィルスや細菌などの「外敵」から自己の体を守ろうとする力のことを言い、体内に病原菌やウィルスが侵入してきた時、免疫細胞がこの外敵を異物として認識して排除してくれます。代表的な免疫細胞としては、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)やマクロファージ、好中球などがあり、これらの免疫細胞は約70%が腸に集まっています。その理由は「腸が栄養を吸収する場所で、吸収する際に病原菌などまで取り込んでしまわないようにするため」であり、このように腸は「ヒトの免疫力」に大きな影響を及ぼしています。
では、なぜ乳酸菌は免疫力を上げることができるのでしょうか?それは「免疫細胞と善玉菌の菌体成分が結合すると、免疫細胞が活性化される」からです。菌体成分とは「発酵の過程で死滅してしまった菌体のこと」で、免疫細胞によって結合する菌体成分は違いますが、これによって免疫細胞がパワーアップし、病原菌やウィルスを排除する働きが強まるため、「乳酸菌は免疫力を向上させることができる」のです。

「アレルギー」と乳酸菌の関係

次に「アレルギー」と乳酸菌の関係をみてみましょう。「アレルギー」とは、「本来は人体に無害な物質を外敵と認識して、免疫反応が過剰に起ってしまうこと」を言いますが、アレルギー症状がなぜ発症するのかはまだ解明されておらず、いくつかの説があります。この中で最も有力なのが、「ヘルパーT細胞のバランスの崩れ」です。ヘルパーT細胞にはがん細胞やウィルスなどを攻撃してくれるTh1細胞と、アレルギーの原因になってしまうTh2細胞の二種類があり、正常であればTh1の働きが強くアレルギー症状は出ません。しかし何らかの原因でそのバランスが崩れ、Th2細胞の働きが強くなってしまうとアレルギー症状が発症してしまうのです。
 乳酸菌はこのアレルギーの原因となるTh2細胞の働きを抑えてくれるため、「乳酸菌はアレルギー症状を和らげてくれる」のです。これについては多くの企業が、自社の持つ乳酸菌のアレルギーに対する有用性を示す結果を報告しています。

妊娠中は特に意識して乳酸菌の摂取を

 では、このように健康に良い乳酸菌は、妊婦さんが摂取しても大丈夫なのでしょうか?ある研究によると、妊娠中に妊婦が乳酸菌を摂取したグループと摂取していないグループでは、摂取したグループの方でアレルギーを持った赤ちゃんの生まれる確率が12%少なかった、という結果が出たそうです。また、「胎児のアレルギーは妊娠中の母親の腸内環境に強く関係する」という医学報告もあります。このように乳酸菌は元気な赤ちゃんを産むため、積極的に摂取した方が良いもの、と考えられます。
また、乳酸菌は母体にも良い影響を及ぼします。妊娠中はホルモンバランスの変化や腸が圧迫されることにより、便通が悪くなります。さらにイライラとした精神状態や冷え性にもなりがちです。特に冷え性だと出産時に難産となる恐れもあるそうです。乳酸菌はこのような症状の改善に役立つので、母子の健康を考えると、やはり乳酸菌は意識して摂取した方がよいでしょう。ただし、ヨーグルトの中には加糖タイプのものがあります。また、ヨーグルトには脂質が含まれるため、過剰に摂取すると肥満の原因となるので注意が必要です。気になる時には、乳酸菌サプリや妊活用サプリで乳酸菌が含まれているものなどを有効活用するのが良いでしょう。

まとめ

 このように乳酸菌は、免疫力を向上させるとともにアレルギー症状を改善し、また、妊婦さんや赤ちゃんにもとてもいい影響を及ぼしてくれます。乳酸菌を摂取する方法としては現在、ヨーグルトなどの乳製品や乳酸菌飲料などの食品か、サプリメントという選択肢があります。食品は手軽に摂取できる、おいしいなどのメリットがありますが、ヨーグルトであれば、加糖タイプは糖質が多く、乳脂肪分も高いので、摂りすぎには注意が必要です。また、同じ乳製品のチーズは、種類にもよりますが、意外にも乳酸菌量があまり高くありません。またナチュラルチーズの場合は妊娠中の女性が摂るには「リステリア菌」に感染する危険があるなど、心配もあります。
対してサプリメントは肥満に関してはそれほど注意する必要がなく、摂取量も少量で済む為、手軽に続けられるといったメリットがあります。注文する手間などのデメリットもありますが、どちらを選択するかは、これらを踏まえて自分に合った形で選ぶとよいのではないでしょうか。

関連記事

  1. 乳酸菌だけじゃない!毎朝スッキリを実現するためにできること

  2. 乳酸菌、葉酸、エスラチンで、元気な赤ちゃんを!

  3. 乳酸菌で妊娠中・産後・授乳中の体調を整えよう

  4. 【体験談】mitete葉酸サプリの効果は?実体験レビュー

  5. 国産乳酸菌「クリスパタス菌」とアレルギー発症の関係

  6. 妊活サプリは葉酸だけ?妊活サプリのメリットは?

  7. 元気な赤ちゃんと素敵なママに 乳酸菌がオススメな理由とは?

  8. 知りたかった!妊活に役立つトマトの効果・効能

  9. 妊活の定義とは?なにをするの?

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP