注目の記事 PICK UP!

乳酸菌だけじゃない!毎朝スッキリを実現するためにできること

食べる・消化する・吸収する・排出するという自然なサイクルが、うまくいかなくなるのは実はよくあることです。
人の身体は非常にデリケートで、ちょっとした要因でサイクルが乱れると、元に戻るのも大変になります。
「便秘」とは、だいたい3日以上便が出ていない状態と言われています。
実は医学界でも、いくつかの定義があり、これという1つの定義があるわけではありません。
個人差も多く、毎日排便があっても残便感がある場合は便秘、という定義もあります。
いずれにしろ、すっきりしなかったり、排便時に不快感があったりした場合は程度の差はあれど便秘と考えてよさそうです。

厚生労働省の国民生活基礎調査平成28年度によると日本人女性の約半数は「便秘」を訴えています。
男性の約25%に比べて倍なのは、女性特有の理由もあります。

男性に比べると、女性は筋肉がつきにくく、月経があるためホルモンバランスが崩れやすいなどの理由から便秘の確率が高まります。
腹筋に力を入れることにより腹圧が高まり、排便や排尿を助けます。しかし、腹筋の力が弱いとこの腹圧が高まりにくく、便を押し出す力が弱い為便秘になりやすいのです。
また、女性ホルモンも便秘に多大な影響を与えます。
月経のサイクルの中で、排卵が起きてから月経がはじまるまでの期間に分泌される「黄体ホルモン」の働きで、腸のぜんどう運動が鈍くなります。
そのため、生理前などの女性は特に便秘になりやすいのです。

美容にも健康にも悪影響を与えるこの便秘を解消するために、様々な努力をされている方は老若男女問わずいらっしゃいます。
便秘と言えば、「乳酸菌を取る」「便秘薬を飲む」が頭に浮かぶ方も多いでしょう。
本日は、それ以外にできることを紹介していきます。

運動をする

これは良く言われることなのですが、運動することは便意を促す為にとても大切です。
スポーツジムに通い、激しい運動をする必要はありません。ウォーキングやヨガなどでも十分です。
身体をいつもよりも動かすことで、血行が良くなることは便秘はもとより、全身の健康の為にも良いことです。

また、腹筋を鍛えるのもおすすめです。
腹筋運動は、やり方によっては腰を痛める原因にもなりますので、注意が必要です。
ですが、腹筋が鍛えられると姿勢もよくなります。

現代の日本人は慢性的に運動不足な人が多いので、ぜひ簡単なものでも運動を習慣化しましょう。

トイレを定期的に。我慢はなるべくしない

朝、必ずトイレに行くようにする。これを習慣づけると決まったタイミングで便意が来やすくなります。
はじめのうちは便意がなくてもトイレに行きましょう。
トイレを様々な理由で我慢してしまう、我慢しなければならないこともあるでしょう。
女性であれば家以外のトイレでは匂いや音が気になるなど、つい我慢してしまうシーンもあります。
ですが、我慢は便秘の始まり、原因になりかねません。
できるだけ我慢をせず、定期的にトイレに行くようにしましょう。

水分をしっかり摂る

便は、大腸の中を通るうちに固形状になっていきます。
水分が不足すると、便が固くなりすぎ出づらくなります。
摂取量は、1日に1.5Lとも2Lとも言われますが、一度にたくさん飲むのではなく、こまめにとるようにしましょう。
朝、起きた後に常温の水をコップ一杯飲むことで、胃腸が刺激され、動きが活発になります。

ストレスは便秘の大敵

便秘は、いくつかの種類に分けられます。
病気や、腸の長さなどが原因のものと、腸の動きが悪かったり、精神的なものなどです。
特にストレスは溜め込みすぎると体全体に不調を来しますが、腸もその一つです。
ストレスにより自律神経の働きが乱されると排泄に関する動きも乱れます。下痢になる方もいれば、便秘になる方もいるでしょう。
また、ストレスの場合は下痢と便秘を繰り返すことが多いようです。

まとめ

便秘は様々な原因がありますが、身体にとってはわるいことだらけです。
小学生くらいからずっと便秘、という女性も少なくない為、当たり前のものと思われていますが便秘は病気の原因にもなりえます。
また、腸は非常にデリケートな内臓なので便秘が長く続いているならば、一度専門の病院を受診されるのもおすすめです。

大腸肛門科というと、受診のハードルは非常に高いように思われますが、実は大腸がんは日本人に多いがんの一つなんです。
腸内にポリープができることで便秘になることもあります。気になることがあれば、受診したいですね。

乳酸菌を飲むならば、毎日続けるのがポイント!乳酸菌の種類も重要です!

毎朝どっさり!の秘密はこちらから 今なら初回限定価格!

ダイエットに!たっぷりの乳酸菌とビフィズス菌・オリゴ糖も!

関連記事

  1. ディアナチュラ「葉酸サプリ」の効果は?実体験レビュー

  2. 女性134名に聞きました!美容ドリンク、飲んでますか?

  3. 乳酸菌とトマトの効果

  4. 種類多すぎ!妊活サプリは何を選べばいい?葉酸って?

  5. 妊活がおすすめな理由

  6. 妊活サプリ有効活用!女性のお悩みは妊活の敵

  7. 【体験談】葉酸サプリ「ベルタ」を飲んで妊活卒業しました!

  8. 乳酸菌は種類が重要だった

  9. 妊活と乳酸菌の関係~乳糖不耐症って?~

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP