注目の記事 PICK UP!

乳酸菌の働き 腸内環境とPH値、効果的な乳酸菌のとり方

 乳酸菌は健康に良いというイメージがあると思います。しかし、漠然としたイメージで実際はどんな効果を得られるかあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。今回の記事では乳酸菌とは何なのかという点から乳酸菌の効果について簡単にですが解説していきたいと思います。意外に知らない乳酸菌の持つ驚きの力を知っていただけたらと思います。

酸性、アルカリ性 腸内に良いのはどっち?

突然ですが、腸内は酸性、アルカリ性、どちらだかご存じですか?
お肌は健康な時、弱酸性なのは多くな方がご存じかと思います。実は腸内も、健康な時は弱酸性なんです。これには乳酸菌をはじめとする善玉菌が関わっています。
 乳酸菌とは、乳糖やブドウ糖などを分解する際に乳酸という物質を作り出します。この乳酸は「酸」とついているとおり酸性です。健康な腸内には乳酸菌をはじめ、善玉菌が多く存在するため、酸が多くつくられ弱酸性に傾きます。便秘など、腸内環境が悪い方は逆に悪玉菌が増え、有害物質が増える為にアルカリ性に傾いています。
 腸内には、善玉菌、悪玉菌のほかに日和見菌と呼ばれる菌も存在します。これらは、互いに影響しあいながら、共存しています。理想的なバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7となることです。
 乳酸菌は食事などから摂取することが多いと思いますが、実は多くは腸に届く前に胃酸や胆汁によって死んでしまいます。ただし、これは「生菌」の場合。プロバイオティクスと呼ばれる、生きた菌のことです。
 対して、「殺菌」「死菌」と呼ばれる乳酸菌の場合は、元々死んでいるので摂取した時のまま、腸まで届きます。
 乳酸菌は生きたまま腸に届かないと意味がないように思われていますが、実は違います。生菌も死菌もそれぞれが腸にとって有用なのです。
 生菌が腸まで生きて届いた場合も、多くはそのまま腸内フローラに住み着くわけではありません。「糖分を分解して乳酸を作る」という他の乳酸菌と同様の働きをして、元々いる善玉菌のサポートをします。腸のぜんどう運動を助け、便秘の解消に効果を発揮するのは生菌です。
 死菌の場合は、もともと死んでいるものも腸に届くまでに死んでしまった場合にも腸内にいる善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖をサポートします。また、悪玉菌が好む有害物質を吸着し、体外へ排出してくれます。免疫系への効果が高いのも死菌の特徴です。
 このように、乳酸菌は腸にとって非常に重要な働きをしています。

効果的な乳酸菌の取り方は?

 先述した通り、生菌は胃酸や胆汁に弱く、生きたまま腸へ届けるのは大変です。死んでしまっても効果のある乳酸菌ですが、生きたまま届く菌がいるにこしたことはありません。そんな乳酸菌を生きたまま腸に届きやすくする取り方をいくつか紹介していきたいと思います。
 まず一つ目に食後に乳酸菌を取ることです。胃酸はおなかが空いているときのほうが働きは強いですから、食前よりも食後のほうが働きは弱まっています。よって、食後に乳酸菌を取ったほうが腸まで届く可能性が高くなるという事です。この観点から言えば朝一番にヨーグルトや牛乳を取るよりも、朝食後のほうが有効的だと言えますね。つまり、デザートとしてヨーグルトを取り入れるのは理にかなっていることになります。
 2つ目に納豆と一緒に取るというものがあります。納豆にもある程度乳酸菌は含まれていますが、納豆と一緒に乳酸菌を含む食品を取るほうが効果的です。それは納豆に含まれる納豆菌が乳酸菌を生きたまま腸に届ける助けになるという特徴があるからです。よく、納豆キムチが合うと聞きますが、これは味だけではなくて栄養的にも理に適った食べ方なんですね。どうせなら効果的に乳酸菌を摂取したほうが良いですね。簡単なことなので実践してみましょう。

乳酸菌と妊婦、赤ちゃんの健康

乳酸菌は妊婦にとっても、大変有用な働きをしてくれます。妊婦は便秘になりやすいと言われており、便秘解消の助けになるのはもちろん、冷え性にも効果的です。そして一番大きなメリットは元気な赤ちゃんを産む事ができるという点です。
赤ちゃんのアレルギーは遺伝はもとより妊娠中のお母さんの食事に影響を受けるという研究結果も出ており、妊娠中の食事は非常に大切です。栄養バランスをとることは大前提ですが、乳酸菌を多くとることで、生まれてくる赤ちゃんがアレルギーに対して強い、元気な赤ちゃんになる可能性が高いと言われています。
ここでひとつ注意点があります。それは過剰に摂取することです。乳酸菌飲料や加糖のヨーグルトは多くの糖分を含みます。カロリーも非常に高い為、過剰に摂取してしまうと、肥満や妊娠糖尿病を招きます。妊娠中の太りすぎはお母さんの体はもちろん赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。乳酸菌は体の為に取り入れたいですが、カロリーや糖分には気を付け、必要であればサプリメントなどで補うことも検討しましょう。

まとめ

 以上簡単にですが、乳酸菌は何か、乳酸菌の持つ力、乳酸菌の効果的な取り方について説明してきました。ここで紹介した以外にもたくさんのメリットがあります。毎日の食生活に乳酸菌を取れる食品を加えて、健康的な体作りをしていきましょう。




関連記事

  1. 妊活がおすすめな理由

  2. 医者要らずの野菜~トマトの栄養を見直そう!!

  3. 乳酸菌は種類が重要だった

  4. 乳酸菌って何?~乳酸菌の持つ力~

  5. 乳酸菌で妊娠中・産後・授乳中の体調を整えよう

  6. 女性134名に聞きました!美容ドリンク、飲んでますか?

  7. 【体験談】体質改善が妊娠への近道!サプリ有効活用

  8. 【体験談】妊活サプリを飲み始めるまでが大変

  9. 妊娠中の乳酸菌について

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP