注目の記事 PICK UP!

乳酸菌は種類が重要だった

乳酸菌って?

乳酸菌は、正確には菌の名前ではありません。
ブドウ糖から乳酸を作る菌の総称を「乳酸菌」と呼びます。しかし乳酸菌にはたくさんの種類があるんです。
現在確認されているだけで、200種類とも300種類とも、それ以上とも言われています。さらには年々新たな乳酸菌が見つかっているのです。

乳酸菌にはいくつかの分類方法があります。
乳酸桿菌、乳酸球菌、といった形状による分類。ホモ乳酸菌という乳酸だけを生成する菌と、ヘテロ乳酸菌という乳酸以外にも成分を生成する菌。
または、動物性乳酸菌、植物性乳酸菌などです。

乳酸桿菌はラクトバチルス属またはラクトバシラスとも呼ばれます。ヨーグルトの製造に古くから使われてきた乳酸菌で、ラクトバチルス・ブルガリクス(ブルガリア菌)、ラクトバチルス・ガセリ(ガセリ菌)などが有名です。今でもヨーグルトのパッケージに、ブルガリア菌、ガセリ菌、と書いてある物も多いです。

また、ラクトバチルス属はヨーグルトだけではないんです。「デーデルライン桿菌」と呼ばれる女性の膣内に生息するものもいます。これも特定の菌の名前ではなく、ラクトバチルス属の複数の菌の総称です。
これらの乳酸菌は女性の膣内のph値を整え、弱酸性にしてくれます。

乳酸球菌はエンテロコッカス属と呼ばれ、球状をした乳酸菌です。
哺乳類の腸内などに住み着く常在菌で、加熱や冷凍に強く、耐塩性があります。また、エンテロコッカス属の乳酸菌は殺菌状態のほうが、免疫力を高めることがわかっています。
フェカリス菌やフェシウム菌などがあります。

動物性、植物性は、生育している場所の違いです。動物性は主に動物の乳などに含まれ、植物性は植物に生育しています。
植物性乳酸菌は、例えばキムチやぬか漬けなどの発酵食品などに多く含まれています。日本の古くからの食事にはこの発酵食品が多くあり、日本人の健康を支えていたこと伺えます。

どの乳酸菌が体に合うかは体質などにより人それぞれです。
ひと昔前の乳酸菌といえば、お腹の調子を整える、というイメージしかありませんでしたが、近年見つかっている乳酸菌は、アレルギーや体脂肪の減少、プリン体に、花粉症に、ダイエットに、美肌に、と様々な研究がなされて効果が出ています。

新しい乳酸菌「クリスパタス菌」

クリスパタス菌も新しい部類に入る乳酸菌です。
正式には「ラクトバチルス属クリスパタス種」という名前で、乳酸桿菌と呼ばれる細長いタイプの乳酸菌の1種です。

クリスパタス菌は、出産の際に母親の産道を経由して胎児に受け継がれる乳酸菌です。これは、喘息の発生についての研究の中で、帝王切開で生まれた子供と自然分娩で生まれた子供の発症率の違いに着目した際に乳幼児の腸内から見つかりました。

クリスパタス菌はアレルギーや感染症の発症リスクを軽減させるといわれている乳酸菌なんです!
腸内のクリスパタス菌は加齢とともに減少し、それに伴って発症リスクも上昇していくと考えられています。

定番!「ブルガリア菌」

ブルガリア菌、といえば「あぁ、ヨーグルトの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
正確にはブルガリクス種と呼ばれるこの乳酸菌は、1905年に発見された歴史の古い乳酸菌。
乳酸桿菌に属し、細長い形をしています。「ラクトバチルス属ブルガリクス種」です。
ヨーグルトの中から見つかったこの菌は、現在国際規格でヨーグルトのスターターと呼ばれる発酵を引き起こすための菌として規定されています。
お腹に良い=ヨーグルト、という認識は広く普及しているかと思いますが、実はこのブルガリア菌は腸内に生息できない乳酸菌。「じゃあ摂る意味ないの?」と思われるかもしれませんが、住み着きはしないものの、しっかりと腸内環境を整えるという仕事をしてくれます。

乳酸菌なの?そうじゃないの?「ビフィズス菌」

乳酸菌とは、乳酸を作り出す菌の総称、と先述しましたが、ビフィズス菌も乳酸を作り出しますが、同時に酢酸も作り出します。こんな風に、乳酸以外の成分も作り出す乳酸菌を
「ヘテロ乳酸菌」と呼びます。
ビフィズス菌は人の腸内で最も多く生息している善玉菌の一種で、作り出す酢酸が重要な役割を果たします。酢酸は殺菌力が強く、大腸菌などの悪玉菌をやっつけてくれるのです。
ただし、ビフィズス菌は酸素があると育つことができません。

まとめ

一口に乳酸菌と言っても、その種類や働きは様々。近年研究が進み、続々と新しい乳酸菌も発見されています。
腸内環境を整えるだけでなく、花粉症やアトピー、アレルギーなどに効果を発揮するものや、インフルエンザなどの感染症予防に効果を発揮するもの、コレステロールの抑制など、多様な乳酸菌が市場に登場しています。乳酸菌は合う、合わないがあるので、色々と試しながら、ご自分にあった乳酸菌を見つけられると、健康や美容面で役に立ってくれることでしょう。

関連記事

  1. 元気な赤ちゃんと素敵なママに 乳酸菌がオススメな理由とは?

  2. 乳酸菌って何?~乳酸菌の持つ力~

  3. 乳酸菌はこんなにスゴイ!妊活から妊娠中まで乳酸菌のチカラで元気な赤ちゃんを!

  4. トマトの栄養 ~トマト乳酸菌とリコピンとは

  5. 妊活と乳酸菌の関係~乳糖不耐症って?~

  6. 乳酸菌とトマトの効果

  7. 【体験談】ひどいつわり期に私を助けてくれたトマトの話

  8. 風邪やインフルエンザを予防・軽減するために役立つ乳酸菌

  9. 医者要らずの野菜~トマトの栄養を見直そう!!

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP