注目の記事 PICK UP!

プラセンタを毎日摂ることのススメ

はじめに

近年の美容ブームにより飛躍的に認知度が高まったプラセンタですが、綺麗になりたいと望む女性の中には、毎日でもプラセンタ注射を打っている、または打ちたいと考えている方も実際にいるかもしれません。

一部では「注射する漢方薬」とも呼ばれるプラセンタですが、全く副作用のない薬というものは存在しません。
たとえ現状ではプラセンタ注射を毎日して副作用が出ていない方であっても、その悪影響についてきちんと把握した上で摂取方法を見直す必要があります。

この記事ではプラセンタを毎日摂ることの注意点と、より効果的な摂取方法について紹介していきます。継続的にプラセンタを摂取したいと考えている女性の方は、ぜひこの記事を読んでプラセンタの摂り方について改めて考えてみてはいかがでしょうか。

1.プラセンタ注射の副作用とは

プラセンタ注射は通常の薬よりも副作用が少ないことで知られていますが、少数ではあるものの副作用が出た症例が報告されているのも確かです。

プラセンタ注射の主な副作用についてあまり知らないという方もいるとは思うので、この章ではまずプラセンタ注射による副作用についてそれぞれ確認していきましょう。

1-1.太りやすい体質になる

プラセンタ注射で使用されているプラセンタは基本的に胎盤由来であるため、胎盤に含まれるIGFという成長因子もまた含まれています。
このIGFとは血糖値を下げる働きをするインシュリンと密接に関係しており、赤ちゃんを身ごもった際に食欲が増進するのはこのIGFという成長因子の働きによります。
そのためプラセンタを摂取する場合ではプラセンタを摂取していない場合よりも、食べ過ぎに注意するとともに適度な運動を心がける必要があります。

1-2.月経時の症状が重くなる

プラセンタ自体は女性ホルモンではありませんが、女性の更年期障害の治療に利用されるほどの高い効果を誇ります。そのため、少数ではあるものの月経時の出血量が増えたという体験談もあります。
またプラセンタが性ホルモンの前駆体として働くことがあるため、仮に女性ホルモン様に働いた場合であれば子宮筋腫が悪化することも十分にありえる話です。

1-3.アレルギー反応が出る

最近では化粧品やサプリメントにも利用されるプラセンタですが、プラセンタもまたアミノ酸の一種であることには変わりありません。場合によってはアレルギー反応が出ることもあり、軽度のうちに摂取を控えなければやがて重篤な症状にまで悪化してしまうことも十分考えられます。
豚や馬といったプラセンタの種類によってはアレルギー反応が出なくなることもありますが、何らかの症状が出た際にはまずは摂取を控えるように心がけましょう。

1-4.注射した部位の異変がみられる

プラセンタ注射の投与方法としては皮下注射あるいは筋肉注射が推奨されていますが、皮下注射の場合では注射した部位に以下のような異変がみられる場合があります。

①発赤や疼痛
②発疹
③内出血
④周辺部の皮膚の腫れ など

それ以外にも悪寒を感じたり数日間にわたり微熱が出る場合もあります。高確率で起こる副作用ではないものの、知識として知っておいて損はありません。

1-5.ニキビができやすくなる

プラセンタの働きによって、皮脂が分泌されるようになったおかげでお肌が綺麗になったという方がいる一方で、若い女性の中にはニキビができやすくなったという方もいます。

特に脂性肌の方ほど皮脂の分泌によって毛穴が詰まりやすくなり、結果的にニキビができやすくなることは十分考えられます。プラセンタを毎日摂取している場合には特に洗顔を念入りに行うことも大切です。

プラセンタ注射に限らず、プラセンタを摂取することで起こりうる副作用について大まかに紹介しましたが、プラセンタ注射をこれまで打ったことのない方であれば過剰摂取による悪影響も気になるところではあるでしょう。

次章ではプラセンタの過剰摂取による悪影響について解説していきます。

2.プラセンタの過剰摂取の悪影響とは

一般社団法人日本プラセンタ協議会によると、プラセンタの過剰摂取による悪影響はないと発表されています。ただこの記事を読む方の中にも「個人の体質次第で、プラセンタの影響も違うんじゃないの?」と心配している方もいるかもしれません。

同協議会が推奨するプラセンタの目安としては、プラセンタ純末100mg以上で効果があるとしています。

例えばプラセンタ注射であれば一回あたり1〜2アンプル、初期は週に2〜3回程度で摂取していき、持続的な効果を期待する場合には1〜2週間に1回は摂取するといいそうです。

またサプリメントやプラセンタドリンクについては特に目安となる量が定められておらず、どれだけの量を摂取しても過剰摂取にはならないとされています。

ただプラセンタを過剰摂取することで現れる体のサインとして、尿の色が濃くなることが分かっています。
プラセンタを摂取し始めた直後も尿の色が濃くなるので、過剰摂取ではなくとも色が濃くなることは知っておいた方がいいでしょう。

仮にプラセンタを推奨量以上に過剰摂取していると腎臓に負担がかかるため、腎臓病が発症しやすい状態になってしまうことは否めません。栄養の過剰摂取が腎臓の負担になることを示しているとも言えますが、プラセンタの働きによって腎臓の機能が強化されるとも言われるため一概にどうとは言えません。

しかし、プラセンタ注射を毎日続けている間ずっと尿の色が濃いのであれば、適正量を超えていると判断した方がいいです。それでもプラセンタの効果を維持したいという方は、注射の頻度を抑えつつプラセンタドリンクを併用する、もしくはプラセンタドリンクに切り替えるという方法でプラセンタを摂取することをおすすめします。

プラセンタ注射が最も効果が現れやすい方法であることは確かですが、毎日注射を打つことでの悪影響というのは少なからず考えられます。

次章ではプラセンタ注射の費用面での負担についても言及します。

3.プラセンタ注射の費用とは

まずプラセンタ注射の費用について保険適応される例としては、以下のものが挙げられます。

①更年期障害
②肝機能障害
③乳汁分泌不全改善

これ以外の用途では基本的に保険適用外となるため、美容目的でのプラセンタ注射は全額負担となります。

アンプル1本あたりの金額はクリニックによってもばらつきがありますが、平均的には1本1,500円程度に設定されています。特に美容目的の場合では一度につき2アンプルを打つことも多いため、単純計算だとアンプル代だけでも90,000円前後はかかることになってしまいます。

金銭的にも割と負担が大きいプラセンタ注射ですが、その負担を減らす意味でも注射の頻度を落としてみてもいいでしょう。プラセンタドリンクを併用しても十分効果はありますし、毎日注射を続けるよりかは金銭面での負担を軽減することができるはずです。

ここまではプラセンタ注射を毎日続けることのデメリットについて見てきましたが、次章ではプラセンタドリンクをおすすめする具体的な理由について解説していきます。

4.プラセンタドリンクは何故おすすめなのか

この記事ではプラセンタのサプリメントを主に錠剤タイプに限定していますが、錠剤タイプとドリンクタイプとではどちらの方がより効果が高いのでしょうか。

結論から言うと得られる効果はどちらも同じなのですが、より吸収効率が良いのはドリンクタイプとされています。

ただ金銭面での負担としては錠剤タイプの方が抑えられますし、独特な味や匂いがなく飲みやすいのは錠剤タイプのメリットと言えるでしょう。
即効性の部分で言えば錠剤タイプよりもドリンクタイプの方が優れているので、どちらのタイプを選ぶかはあなた自身の都合に合わせて考えてみるといいでしょう。

プラセンタ注射だけで済ませるよりもドリンクタイプとの併用をすすめるのには、もう一つ理由があります。それがプラセンタの成分としての持続性です。

4-1.プラセンタは継続摂取が必須

プラセンタを摂取する方であればご存知かと思いますが、プラセンタを一度摂取したからといって長期間にわたり効果が持続することはまずありません。

基本的には注射で3週間から1ヶ月に一度は継続して打つことが推奨されています。ただサプリメントのように経口摂取するタイプでは一回の摂取でどの程度効果が持続するとは明言されておらず、毎日の継続した摂取が前提となります。

プラセンタの効果を実感するためにはひとえに継続摂取が大切な訳ですが、だからといって毎日プラセンタ注射を打つ必要もありません。先ほどもお話したように毎日の注射では体への悪影響も気になりますし、金銭的にも年間にするとかなりの負担を強いられてしまいます。

せっかく綺麗になるためにプラセンタを続けたいと思っていても、体の不調が出たり金銭的な負担が苦になって断念してしまってはもったいないです。
堅実にプラセンタの継続摂取をしたいと考えるのであれば、プラセンタ注射を毎日打つのではなくプラセンタドリンクに切り替える、あるいは注射の頻度は落としてプラセンタドリンクを併用する方がより現実的かもしれません。

4-2.プラセンタは健康にも良い影響を与える

プラセンタを美容目的から摂取する女性の方は多いですが、体にとっても良い影響を与えてくれることが実証されています。
プラセンタは一般的な薬のようにその症状に特化した働きを有するのではなく、体の恒常性に働きかけてバランスをとるような相関的な働きをしてくれます。つまり綺麗になれるだけでなく体の調子も良くなって一石二鳥という訳です。

美容のためにプラセンタを摂取してみたいと考えている方は、これを機にまずはドリンクタイプの継続から挑戦してみてもいいかもしれません。

まとめ

プラセンタ注射が高い効果を発揮することは確かですが、毎日注射するとなるとやはり金銭的にきつくなってしまいがちです。どうしてもプラセンタ注射を打ち続けたい場合でも頻度を抑えてその分プラセンタドリンクで補えば、金銭面の負担もそうですが体への悪影響も多少なりと軽減することができます。もちろんプラセンタドリンクを毎日飲み続ける、錠剤タイプにするなどの別の選択肢だってあります。
継続できなければ効果を実感することも難しいので、無理のない方法でまずは一ヶ月試してみることをおすすめします。

関連記事

  1. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

  2. 女性134名に聞きました!美容ドリンク、飲んでますか?

  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にもおすすめ

  4. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!

  5. あなたの身体に合った上手なプラセンタドリンクの飲み方とその理由

  6. あなたが飲んでるプラセンタサプリメント 効果ないかも!

  7. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!

  8. ラエンネックが一時中止に!メルスモンは?安全性は?プラセンタ注射は危ない?!

  9. 女性特有のお悩みを解決!更年期障害の対策にも使えるプラセンタの魅力

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!
  2. プラセンタは肝臓にもいいって本当?メリットとデメリットを徹底解説!
  3. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

最近の記事

  1. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!
  2. プラセンタは肝臓にもいいって本当?メリットとデメリットを徹底解説!
  3. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

おすすめ記事

2019年12月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP