注目の記事 PICK UP!

妊娠したいならたんぱく質とビタミンDを!

妊活をしているご夫婦やカップルの割合が年々増えてきている日本では、妊活に良いと言われる食事や生活習慣、妊活サプリメントまで、幅広い「妊活」が紹介されています。
ですが、妊活の第一歩は健康な体です!お二人の健康状態が悪ければ、それだけで妊娠の確率は下がりかねません。健康な体を作る為にできることはたくさんありますが、その中でも比較的手軽にできるのが食生活の改善ではないでしょうか。もちろん、改善するべき点はたくさんあるかもしれませんが、今回は特に女性に必要になる「たんぱく質」と「ビタミンD」についてお話します。

たんぱく質と妊活

たんぱく質は、体を作る材料になり、体のほとんどはたんぱく質からできています。筋肉や内臓、皮膚、血液、爪などはもちろん、酵素などもたんぱく質からできています。不足すれば、健康を維持できなくなってしまいます。
たんぱく質は消化されるとアミノ酸に分解され、小腸で吸収されます。体の各組織や酵素などを作るために血液で全身へ運ばれます。

1日当たり、女性の場合は50g程度が目安となります。
たんぱく質は様々な食品に含まれています。肉や魚、果物や野菜、白米、卵など日常的に食べる食品の多くがたんぱく質を含んでいます。
たんぱく質を多く摂取しようとすると、付きまとうのがカロリーです。低カロリーで高たんぱくな食事を心がけると良いでしょう。
また、たんぱく質を摂取する際は植物性、動物性をバランスよく摂取しましょう。

たんぱく質は過剰摂取すると肝臓や腎臓に負担がかかります。たんぱく質が体に良いからと言って、1日で大量に摂取するのは逆効果になりかねません。日々の食生活のバランスを見直したいですね。

たんぱく質とダイエット

先ほど過剰摂取の話をしましたが、現代の女性はたんぱく質が不足している場合も多いのです。その原因はダイエット。過度なダイエットをしていたり、お肉や白米を食べない、魚は嫌い、といった方は注意が必要。
妊娠したら、通常よりも多いたんぱく質を必要とする為、妊活中からしっかりたんぱく質を摂取したいところです。

ビタミンDと妊活

ビタミンDは脂溶性ビタミンの1種で、キノコや魚介、卵などに含まれています。また、体内でも合成されます。
妊活するうえで非常に重要なビタミンなんです!
ビタミンDは卵子や卵巣の健康状態に影響することがわかっています。ビタミンDが不足している女性と、そうでない女性を比較すると様々な点で違いがあります。

例えば、AMH値と呼ばれる妊娠力を図る数値があります。女性は生まれた瞬間に卵子の数が決まっており、それ以上増えることはありません。AMH値は、残りの卵子の数の予測値です。血液中のビタミンD濃度が低いと、AMH値が悪いことがわかっています。
また、ビタミンDは、以下の値に関して影響を与えると言われています。
・子宮内膜の厚さ
・卵胞液のビタミンD濃度が妊娠率
・体外受精の際の着床率、妊娠率
・多嚢胞性卵巣の女性の排卵率

妊活の場合、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群が取り上げられることが多いのですが、実は非常に重要なのがビタミンDなのです。
しかし、近年ビタミンDが不足している女性が増えているのをご存知でしょうか。

ビタミンD不足と紫外線対策

ビタミンDは別名サンシャインビタミンとも呼ばれています。その理由は、紫外線を浴びることにより体内で合成されるためです。
近年、紫外線を浴びることは百害あって一利なし、と言われ、小さいころから徹底的に紫外線対策をしている方も多くなってきました。
しかし、紫外線を浴びなくなったことで、体内合成されるビタミンD量が減り、ビタミンD欠乏になってしまう女性が多くなっているのです。
ビタミンDは、妊娠力はもちろん、くる病や骨の形成、成長に影響を与えます。
食事でとるのも必要ですが、体内合成されるビタミンDを増やすために、全身とはいかないまでも、日光浴をしてみても良いかもしれません。もちろん、日焼け止めを塗ったら意味がないですが。

ビタミンDを効果的に摂取するには

ビタミンDは摂りたいけれど、日焼けは絶対いや!という場合は、食事からの摂取の他に、サプリメントという手もあります。妊活サプリメントなどではビタミンDを配合している物もありますし、産婦人科などでビタミンD配合のサプリメントを処方してくれる場合もあります。
いずれにせよ、一度病院で血中のビタミンD濃度を計測してもらってみるのも良いでしょう。

まとめ

妊活と言えば葉酸や亜鉛、マカなどが取り上げられますが、実は他にも重要な成分がたくさんあります。その中でもより妊活に直結するたんぱく質とビタミンDについてお届けしました。
特にビタミンDは、UVケアの進化とともに不足が深刻になってきています。紫外線のUV-B波を浴びることで体内で合成されるのですが、UVケアアイテムが優秀になればなるほど、UV-B波を浴びることは減ってきています。日焼けするのは女性であればいやなものですが、卵巣や卵子の為に、一日少しだけでも日光浴をしてみるのも良いかもしれません。

関連記事

  1. 妊活サプリは葉酸だけ?妊活サプリのメリットは?

  2. トマトを食べる4つの理由

  3. 妊活と不妊はどう違う?私の妊活・不妊体験記

  4. 【体験談】35歳からの妊活・不妊治療の効果

  5. 乳酸菌って何?~乳酸菌の持つ力~

  6. 【体験談】妊娠したい!妊活中の方の為の栄養素がたっぷりつまった妊活サプリの効果!

  7. 【体験談】毎日自炊なんてできないわたしが選んだ「妊活サプリ」

  8. リコピンは妊活はもちろん赤ちゃんの元気にも!

  9. 知りたかった!妊活に役立つトマトの効果・効能

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP