注目の記事 PICK UP!

妊活と不妊治療

現在、女性の社会進出による晩婚化が進み、出産率も下降し昔と比べ少子化と言われる時代となりました。
子どもは欲しいけど、産むことができない・・・という状況の夫婦も多くなってきています。その要因は、晩婚化による高齢出産(35歳以上での初産)が増えてきたこと、そもそも子どもは持たないという考えに至る夫婦もいることなどが挙げられます。
スムーズに妊娠・出産できる女性がいる一方で、子どもをなかなか授かることが出来ず不妊治療を行う女性も増えてきました。
その上で、今回は女性が知っておきたい妊活について考えていきます

妊活とは?

妊活=妊娠活動の略です。定義としては、妊娠に関する知識を身につけたり、妊娠に向けて体調管理を心掛け、出産を想定した人生設計を考えたりすること。とあります。
数年前から、芸能界をはじめ、たくさんの方が妊活を行ったり、妊活のために休業や仕事をセーブされたりしています。
一般の方も妊活ブログをアップする方も増えてきましたよね。
妊活の内容は様々です。女性側の活動としては、食生活や睡眠に気をつけたり、自分の体のリズムを知るために基礎体温を測ったりします。基礎体温を計ることは、自分の排卵日や排卵の有無を知るためにも重要なことです。
排卵日の特定には、排卵検査薬を使うと便利です。最近ではCMもオンエアされているので知っている方も多いと思います。
妊娠するためには、排卵日近辺に夫婦生活を持つことが最も重要で、この方法(自己タイミング法)で妊娠される方も多いです。

不妊治療って?不妊の原因は、男女ともにある。

先ほどは、妊活についての説明をしましたが、自己タイミング法で妊娠に至らない場合は、まず産婦人科にかかり、原因を探します。妊娠しない原因は本当に様々です。できれば女性だけでなく、ご夫婦一緒に受けるのが望ましいでしょう。なぜなら、不妊は女性だけの問題ではないからです。
まず、不妊の定義ですが【妊娠を希望して一定期間夫婦生活を持っているにも関わらず、妊娠に至らないこと】とあります。この一定期間とは、1年~2年と言われています。
ですが、35歳を過ぎている場合はこの期間を待たずに早めに病院に相談することも大事です。その理由は、32歳を境に妊娠率が下降をたどっていくからです。
今の時代、不妊治療を行う夫婦の割合は、全体の6組に1組だと言われています。
そして、不妊の原因は男女ともに半分ずつあるということも知っておくべき事項です。
女性の場合、排卵、卵管、子宮、頸管、免疫が原因の場合が多く、原因が全く不明な場合もあります。卵巣に異常があり排卵がうまくいかない場合や、卵管のつまり、子宮筋腫や子宮奇形といった子宮そのものに問題がある場合などがあります。それに加え、ホルモン異常や子宮内膜症といった原因も見られます。
男性不妊の場合は性機能障害、または精液の状態異常がほとんどです。また、その症状が先天性か後天性かのどちらかに分類されます。
先天性の場合、遺伝的要因や発育段階で受けた影響により性機能不全などが起きます。
一方、後天性の場合は、ストレスやアルコール、喫煙や肥満、病気の影響で、精巣の損傷や機能障害、精子の産出や射精に関してトラブルを抱えることがあります。
男女ともに、詳しい検査を受けて判明しますが、一通りの検査を行っても原因がわからないことも多いようです。
原因が分かれば、それに対しての対処療法を行うことになりますが、原因不明であれば、体外受精や顕微授精といった高度医療に進む場合もあり、そこで原因が分かることもあるといいます。ただ、高度医療にでは、男女ともに心身の負担が大きくなり、ストレスを感じやすくなる為、お互いのケアが非常に重要となります。

不妊治療って何をするの?原因を特定した後

不妊治療は、先述したように対処療法がほとんどです。原因を特定し、それに対して医師が治療を行います。
原因が判明した場合は、それを治療しつつ、タイミング法などを併用して妊活を行っていくことがほとんどです。
女性側の要因では、排卵誘発剤の使用や、子宮内膜症などの病気の治療を行います。不妊治療で子宮内の病気が見つかることもあります。
男性側の要因では、性機能障害に対しては薬物療法を行い、精子の状態を検査します。精子の運動率や数を確認します。精子に問題がある場合自然妊娠が難しいので、人工授精や体外受精、顕微授精などを行ったりもします。

卵子も精子も、加齢とともに力が下がっていくのは同じです。順を追って治療を行ってい行くのが普通ですが、ご夫婦の年齢によっては、早期に人工授精などの治療を検討する必要もあるでしょう。

妊活によるストレスを解放することも大事

妊活・不妊治療は非常にストレスのたまることです。日々の生活を気にしたり、カレンダーとにらめっこ、毎日基礎体温を測る…。女性はもちろん、男性もストレスが蓄積されると心はもちろん体にも良くないです。かといって、妊活をやめるという選択肢はない。でも、八方ふさがりな状態だと自分自身はもちろんまわりも辛くなります。時には、他の事に目をむけることも大事です。
たまには何か好きなことをしたり、ご夫婦でゆっくりしたりして気分転換しましょう。
ゆっくりとした時間の流れで体と心を解放してあげると新しい自分が見えてくるかもしれません。
よく聞くのが、不妊治療を思い切ってやめよう、と決めた途端に妊娠した、という声。ストレスがどれだけ体にも影響を及ぼしているのかがうかがい知れます。

まとめ

妊活をしているご夫婦は実にたくさんいます。妊活を経験し、夫婦の絆がより深まったとおっしゃる夫婦もたくさんいます。
妊活は夫婦で頑張っていくものです。女性の妊活がどうしても先行しがちですが、夫婦の会話や気持ちを伝えることは大事です。夫婦関係が悪化してしまうのは本末転倒です。
いろんなものを共有して笑顔を絶やさないようにしましょう。

関連記事

  1. 妊娠中、トマトの食べ過ぎは良くない?

  2. 【体験談】妊活サプリを飲み始めるまでが大変

  3. 種類多すぎ!妊活サプリは何を選べばいい?葉酸って?

  4. 【体験談】mitete葉酸サプリの効果は?実体験レビュー

  5. 【体験談】妊活5年を経て妊娠に至った私のサプリメント選び

  6. リコピンは妊活はもちろん赤ちゃんの元気にも!

  7. 【体験談】35歳からの妊活・不妊治療の効果

  8. 乳酸菌って何?~乳酸菌の持つ力~

  9. 基礎体温を測り続けるコツって?私がやった妊活あれこれ

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP