注目の記事 PICK UP!

妊活サプリ有効活用!女性のお悩みは妊活の敵

妊活サプリは、誰でも簡単に始められ、続けやすいのが魅力です。しかし、ドラッグストアやインターネットでは非常に多くの妊活用サプリメントが販売されており、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。
女性が悩むことの多い、冷え性、便秘、貧血、月経不順、高齢出産などに焦点を当て、自分の悩みに合わせて飲むにはどれが良いのか、どのような成分があるのかをご紹介していきたいと思います。

冷え性

多くの女性が悩む冷え性。女性の身体の作りやホルモンバランスの変化などにより、どうしても起こりやすいのです。
冷え性は万病のもとになりかねません。現代人は体温が低いことが多いですが、冷え性は体の表面だけが冷えているだけでなく、内臓なども冷えて機能が低下しています。つまり、妊娠に大事な子宮も冷えて機能が低下してしまっている可能性があります。冷えが気になっている方は、まず冷えを改善することが重要です。

冷えには「ショウガ」

冷え性対策で一番に上がるのはやはりショウガです。サプリメントも錠剤、ソフトカプセル、パウダーなど様々な形にものがあります。
乾燥させたショウガに含まれる「ショウガオール」という成分は、体を芯から温めて代謝を上げる、血行が良くなるなどの効果が期待できます。

生理のサイクルが整わない

実は多い、月経不順の女性。現代の女性はストレスや生活習慣、過度なダイエットなどの影響から、ホルモンバランスを崩されることも多いのです。
月経不順の場合、無排卵月経だったり、卵巣の病気が隠れている場合もあるので、安易に自己判断せず、早めに婦人科にかかることが重要です。病気がなければ、原因となっているだろう生活習慣などを見直したり、サプリメントなどに頼るのも良いですし、お医者さんが薬を処方してくれる場合もあります。

生理不順に「大豆イソフラボン」「マカ」「ザクロ」

崩れてしまったホルモンバランスを整える為に飲みたいのが、大豆イソフラボンやマカ、ザクロなどのサプリメント。
大豆イソフラボンとザクロは、女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれており、乱れたホルモンバランスを整えるのを助けてくれます。
また、マカには「ベンジルグルコシノレート」という成分が含まれていて、この成分が女性ホルモンを整える働きを持っています。

貧血

女性のお悩みで多いのが、貧血。貧血にはいくつか種類がありますが、女性に多いのは鉄欠乏性貧血で4人に1人の割合でなっている、とも言われています。
身体の各組織に酸素を届ける役割をするヘモグロビンは、鉄から作られています。鉄分が不足するとヘモグロビンの材料が減り、ヘモグロビンの数も減少してしまいます。酸素を届けるヘモグロビンの減少で、体は「酸欠状態」になってしまうのです。
女性の場合、妊娠中や生理中は鉄分が不足しやすく、注意が必要です。

貧血に「鉄分」

貧血にもいくつか種類があり、自己判断は危険です。なにか気になる症状がある場合には病院で診察を受けましょう。鉄分補給の薬を出してくれる場合もあります。
普段から摂取する場合は、サプリメントに頼ると良いでしょう。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。へム鉄のほうが、吸収率が良いのですが、妊婦さんは注意が必要です。
それはビタミンAが含まれているから。ビタミンAは過剰摂取で胎児に悪影響が出るので妊婦さんが飲む場合は、非ヘム鉄の商品が良いでしょう。

便秘

女性のお悩みで多い便秘は、女性だからこそなりやすいものでもあります。女性は男性に比べ筋肉量が少なく、便秘になりやすいのです。また、女性ホルモンも影響します。
便秘になると腸内環境が悪くなり、健康面で悪影響が出ます。
腸内環境と免疫には関係があると言われていますし、妊娠するとさらに便秘がひどくなり、最悪の場合痔になってしまうことも。また腹痛があった場合に、切迫流産によるものか便秘によるものかの区別がつかず、対応が遅れてしまう場合もあります。

便秘には「乳酸菌」「オリゴ糖」「食物繊維」「ビフィズス菌」

便秘には乳酸菌!と思われる方も多いはず。ですが、乳酸菌だけでは足りません。腸内の常在菌のエサになってくれる食物繊維なども同時に採り、腸内環境を理想の状態に整えましょう。
乳酸菌は種類が多く、人によって合う合わないがあります。1種類を大量に摂取するよりも、複数種類摂取したり、いくつか試してみるのが良いでしょう。

高齢出産

日本は晩婚化が進んでいると言われ、それに伴って初産の年齢が上がってきています。年齢が上がるほど自然妊娠の確率は下がり、妊娠や出産に関わる様々なリスクも高まると言われています。
産婦人科では、35歳以上の初産婦になると「高齢出産」という扱いになります。年齢が上がるにつれて、卵子も精子も働きが弱くなります。自然妊娠が難しくなるのはそのためです。

全ての妊活中の方に!「葉酸」「抗酸化作用のある成分」

日々の生活で体に負担をかけていませんか?それが、体の老化を早める事態になっているかも!
早いうちから対策をしておくことで、体の老化をなるべく遅らせましょう。そのために、体のサビ=老化と戦ってくれる抗酸化作用のある成分、ビタミンC、ビタミンE、リコピンなどを積極的に摂取しましょう。
また、葉酸はすべての妊活中の女性に摂取が推奨されている成分。胎児の健康にとっても重要なので、ぜひ合わせて摂取したいですね
この二つは、高齢出産に当てはまる方以外にもぜひ積極的に取り入れて頂きたい成分です。

まとめ

妊活サプリメントの多くは、上にあげた成分1種類ずつだけではなく、女性に嬉しい成分が複合的に含まれているものが多いのが特徴です。
お悩みもどれか1種類ではなく、複数である場合が多いはず。種類が多く、迷ってしまいますがぜひご自分の身体に合った妊活サプリメントを選んで、目標に向かって頑張ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 妊娠したいならたんぱく質とビタミンDを!

  2. 妊活中の夫婦におすすめ!質の高い妊娠を促進させるサプリメントの秘密とは!?

  3. 【体験談】毎日自炊なんてできないわたしが選んだ「妊活サプリ」

  4. アレルギーにお悩みの方、乳酸菌生活はじめませんか?

  5. トマト 妊活の味方・最強野菜

  6. 【体験談】妊活5年を経て妊娠に至った私のサプリメント選び

  7. 乳酸菌だけじゃない!毎朝スッキリを実現するためにできること

  8. 基礎体温を測り続けるコツって?私がやった妊活あれこれ

  9. 妊娠中、トマトの食べ過ぎは良くない?

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP