注目の記事 PICK UP!

排卵日予測検査薬と妊活サプリメント

妊活なんてしなくても、避妊しなければすぐに赤ちゃんを授かれる、と思っている方はかなり多いのではないでしょうか。
現在では、学校などでも避妊について教えられることが多いですが、妊娠するために必要なことはあまり教えてくれません。妊娠に至るプロセスはわかるけれど、じゃあいつでも妊娠できるのか、何歳までなら大丈夫なのか、などを教えることはないでしょう。
特に妊活を意識せずに妊娠される方もいらっしゃるでしょうし、例えば理由があって避妊している方もいらっしゃるでしょう。妊娠したい、と強く願っているにも関わらず、なかなか授かることができない方もいらっしゃるかもしれません。
私も長らく妊娠できず、試行錯誤しました。どんなことをしていたのかを共有できればと思います。

自己タイミング法の為に

まず妊娠するために、多くの方が始めるのは基礎体温を付けることと、排卵日を知ることではないでしょうか。
私は比較的生理のサイクルが整っていた為、その点の改善は必要ありませんでした。しかし、タイミングを合わせても、なかなか授かることができていません。
そのため、より妊娠しやすくなる為に、「排卵日予測検査薬」を使用しました。

知名度の低い排卵日予測検査薬

妊娠検査薬なら知っているけれど、という方は多いかもしれません。
私も、なかなか妊娠しない為に始めた妊活で勉強するうちに、始めてそういうものがあると知りました。これは、使い方は妊娠検査薬と同じですが、計測するものが違います。

この排卵日予測検査薬は、ロート製薬や、タケダなどが販売しています。黄体形成ホルモン(LH)と呼ばれる、尿に含まれるホルモンを検知します。
LHは、排卵前に大量に分泌されるそうで、LHを大量に検知=もうすぐ排卵、と予測できます。

排卵の前に大量分泌される
黄体形成ホルモン(LH)を検出
黄体形成ホルモン(LH)は女性ホルモンの一種で普段から少量分泌されていますが、排卵の前に分泌量が急激に増加します。このLHの大量分泌をLHサージといい、LHサージから約40時間以内に排卵が起こるといわれています。排卵日予測検査薬は尿中のLHを検出し、LHサージをとらえ排卵日を予測します。
参考:http://hitester.jp/products/hitesterh/

排卵日予測検査薬は、使い方が細かいので、しっかりと確認することでより正確に測定ができるはずです。
販売している製薬会社のサイトでは、いつ頃使うと良いのか、計算してくれるツールなどがあります。是非活用してみてはいかがでしょうか。

検査前の多量の水分摂取や、多量の発汗をともなう運動などは控えてください。
尿中のLH濃度が変化し判定に影響する場合があります。分娩後や流産後の方は、月経が始まってから検査してください。
次回月経予定日の17日前から、1日1回、検査してください。
(過去に検査をしてLHサージがうまく確認できなかった場合や、今回検査をしたところ陽性か陰性かの判定に迷う場合などには、1日2回検査を行うことで、よりLHサージをとらえやすくなります。)
検査時期に関する注意
・1日1回検査する場合:1日1回毎日ほぼ同じ時間帯に検査してください。
・1日2回検査する場合:1日2回(例えば朝夕)検査をしてください。毎日ほぼ同じ時間帯に検査してください。
参考:http://jp.rohto.com/dotest/products/lh/

サプリメント

自己タイミング法に、排卵日予測検査薬を使っても授かることはできませんでした。そのため、より体質を改善するために、自分と夫の健康状態などを整えることを始めました。
身体に良いものを食べたり、精子と卵子に良いと言われるものを摂取したり。また、私は少し太り気味だったため、ダイエットも始めました。

毎日の食生活の改善は、共働きの為非常に大変でした。自炊すら大変なのに、毎日栄養を考えてごはんを作るのは難しく、サプリメントにも頼りました。また、色々な「妊活サプリ」を探しました。

マカ&亜鉛

妊活サプリというと葉酸が多いようですが、そもそも妊娠しやすくなるというよりは、妊娠前から飲んでおいたほうが赤ちゃんの為、というものらしいので、葉酸以上にマカと亜鉛を重視しました。
夫婦で飲むことができ、より妊娠しやすくなると感じたからです。マカはビタミンやミネラル、食物繊維、アミノ酸など栄養素が豊富なため、何種類も飲まずに済み役立っています。コスト的に考えても、複数種類を飲まずに済むので大変ありがたいです。
飲んでいたのは、ヤマノのマカとDHCの亜鉛サプリです。
ヤマノは純粋なマカと、ほかの成分も入っている物があり、純粋なものを飲んでいました。
亜鉛は、不足すると男性不妊の原因にもなるそうです。また、女性ホルモンの分泌を促す作用もあるそうです。
マカも亜鉛も、夫婦で飲めることもあり、飲み続けることで二人で妊活を頑張る、という意識が芽生えた気がします。

あまりにも授かれず、挫折しかけたことも

まだ不妊治療までは、という思いと、でも早くしたほうが良いというし、という葛藤があり悩んだこともありました。自分たちは不妊だと認めてしまうのが怖かったこともあり、どうしてよいのかわからず、夫に当たってしまったりする日も多くありました。
ただ、なるべくストレスを減らすために、やりたくないことはしないでおこう、と思っていました。
夫ははじめのうちから協力的で、妊活をする私を理解してくれました。そのため、イライラしていた私にも、気長に接してくれストレス発散させてくれたりもしました。
ストレス解消の為、半年ほど妊活に関することをやめてみたこともあります。
ですが、やはり夫婦で子供が欲しいという思いが一致している為、また頑張り始めました。
様々な情報が耳に入るたび、心が揺れ、どうしようもなく不安になることも多く、見たくないと思いつつも、ネットや雑誌を手放せなかったことも。
サプリメントや、様々なものの力を借りて、ようやく妊娠できた時は、しばし茫然としました。
終わりが見えない妊活は、多くの方が不安や心配を抱えがちです。なるべくストレスを減らすのが、近道のような気がします。ご夫婦にとって、一番良い方法が見つかると良いですね。少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 174名の女性の方にアンケート!妊活サプリについて♪

  2. 乳酸菌って何?~乳酸菌の持つ力~

  3. 【体験談】mitete葉酸サプリの効果は?実体験レビュー

  4. 妊娠中、トマトの食べ過ぎは良くない?

  5. 【体験談】妊活5年を経て妊娠に至った私のサプリメント選び

  6. 3年で2人出産!30代看護師が実践していた妊活、教えます!

  7. 妊娠したいならたんぱく質とビタミンDを!

  8. 【体験談】冷え性で低温期しかなかった私の妊活

  9. 妊活サプリ有効活用!女性のお悩みは妊活の敵

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP