注目の記事 PICK UP!

トマトを毎日食べて健康な体と美肌に!話題のリコピンと乳酸菌を徹底解説

トマトはサラダの定番の素材ですが、その他にもさまざまな料理の味を引き立てたり、カラフルなアクセントになったりと活躍できるヘルシーな野菜ですね。ビタミンC・E、食物繊維やカリウムをバランスよく含む栄養豊富なトマトですが、近年、注目されているのは、トマトの抗酸化物質です。
体の細胞の酸化は老化を早め、また、生活習慣病を引き起こしますが、トマトの真っ赤な色素こそ、この酸化をくい止める作用があるリコピンという成分なのです。また、トマトに乳酸菌があることも食品メーカーと大学の共同研究によりわかっており、すでにトマトの乳酸菌を使った商品が販売されています。今回は、健康・美容に優れた効果を発揮するトマトの魅力について迫ってみました。

そもそも、リコピンってどんな成分?

抗酸化作用があるリコピンは、特に完熟トマトに豊富に含まれています。β‐カロテンという成分を聞いたことはありますか?β‐カロテンは、特に人参に多く含まれていますが、リコピンもβ‐カロテンもカロテノイドの一種。カロテノイドは、紫外線を遮断する働きがあり、さまざまなダメージから植物を守ってくれます。抗酸化作用があることが認められており、とりわけ、リコピンは、強力な抗酸化作用を発揮します。トマトを食べれば、リコピンのもつ抗酸化力の恩恵を受けられるわけですから、積極的にトマトを食べたいですね。

リコピンの健康・美容効果

生活習慣病の予防と改善

抗酸化作用は、字の通り、酸化に対抗する作用。さまざまな病気を引き起こす活性酸素を抑えてくれる働きです。活性酸素が過剰になると、細胞のDNAを傷つけるため、老化が早まり、体の中の脂質が酸化してサビが発生してくるのです。血管の中にサビがたまっている状態を想像すると、ぞっとしませんか?サビが多ければ多いほど、血管が硬くなり、詰まりやすくなります。その結果、動脈硬化や脳梗塞などの重大な生活習慣病を引き起こします。活性酸素によって、悪玉(LDL)コレステロールが増え、血栓ができるなど、血管にダメージを与えることが原因です。
しかし、抗酸化作用により、善玉コレステロールが増えれば、生活習慣病のリスクが低減します。そのまま死にもつながりかねない怖い病気にならないように、トマトを毎日食べて予防したいですね。

リコピンの美容効果

リコピンは、美容面でも女性の味方となる存在です。肌に紫外線に当たると、肌を守ろうとして活性酸素が発生します。
本来肌を守るはずの活性酸素は、非常に高い酸化力を持っています。この酸化の力で有害物質を殺すことができます。しかし、過剰な活性酸素は肌の細胞にもダメージを与えてしまい、しわをつくる原因にもなるのです。また、活性酸素により、黒い色素のメラニンが生成され、このメラニンが沈着すると、シミやそばかすになります。
しかし、リコピンを摂取していると、抗酸化作用により活性酸素が除去され、チロシナーゼというメラニンをつくるときに働く酵素の活性化を抑えられるため、美白に有効なのです。

リコピンの抗酸化作用は、肌に影響を与える活性酸素も抑えてくれるのですから、女性にはうれしい成分ですね。特に紫外線の強い夏には、トマトを毎日食べて、紫外線に負けないきれいな肌でいたいものです。

トマトに乳酸菌?!

最近、何かと「腸内フローラ」という言葉が話題になりますね。腸内には、数百種の細菌が600兆個以上生きているといわれています。その腸内環境の様子がお花畑のようであることから、フローラと名前に付いています。主な腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種。この腸内細菌のバランスがいったん崩れてしまうと、おなかの調子が悪くなったり、さまざまな病気を引き起こしたりするわけです。
腸内フローラの改善には、乳酸菌が大切な働きをしていることを知っている方は多いと思います。乳酸菌というと、ヨーグルトやチーズなどの乳発酵食品がまず思い浮かびますよね。その乳酸菌がトマトから発見されたのですから驚きませんか?

トマトの乳酸菌については、大手食品メーカーと大学が共同で研究しています。「トマトLP14乳酸菌」と呼ばれる植物性乳酸菌がその正体です。他の乳酸菌と比較すると胃酸にとても強く、生きたままの生菌で腸に届きます。さらに、腸に届いた後も、腸の中で増殖することが分かっています。過酷な環境でも生き抜ける力強い菌なのです。また、他の植物性乳酸菌のような発酵臭がないことも特徴。さらに、ビフィズス菌を増やしたり、大腸菌を減らしたりする効果もあるので、まさに腸内フローラを整えるためにとても役立つ菌といえるのです。

トマトの乳酸菌を使用した乳酸菌飲料

このトマトの乳酸菌を使用した乳酸菌飲料が開発され、販売されています。ヨーグルトなどの乳酸菌は動物由来の栄養源である動物性乳酸菌なので、植物性のトマト乳酸菌が注目されているのです。通常の乳酸菌飲料はけっこう甘いですよね。だから、好みも分かれるところですが、この乳酸菌飲料はトマトベースなので、甘さの中にもほんのり酸味もあるので、飲みやすいです。31種類のトマトベースの野菜に2種類のフルーツも加えてあるので、乳酸菌飲料というよりは野菜ジュースに近いです。

乳酸菌と野菜が一緒になったのですから、両方の良いところが一度にジュースで摂れるというわけです。野菜から摂取できる食物繊維と乳酸菌により、腸内環境が改善されると、代謝がアップするので、ダイエットしたい人にも味方となる存在です。また、ビタミンがたっぷり含まれているので、免疫力が向上し、風邪もひきにくくなります。

まとめ

トマトの成分、リコピンと乳酸菌にスポットをあててお話ししましたがいかがでしたか?トマトならいつでもスーパーに並んでいる野菜なので、手軽に摂りやすいですね。リコピンの1日の摂取量は15mg以上がよいと言われていますが、15mgのリコピンはトマト2~3個分に相当します。トマト2~3個を毎日食べるのは、ちょっと大変ですよね。そこでトマトジュースや、リコピンのサプリメントも利用すると、少しでも多くのリコピンを摂取できるでしょう。ちなみに、トマトジュース1缶(190g)には、平均17mg程のリコピンが含まれているそうです。トマト乳酸菌を使った乳酸菌飲料と合わせて、積極的にトマトの優れた成分を体にどんどん摂りいれて、健康な身体と美肌を手に入れてください。

関連記事

  1. 日本人のトマト愛をワールドワイドに考えてみる

  2. 乳酸菌、葉酸、エスラチンで、元気な赤ちゃんを!

  3. 乳酸菌で妊娠中・産後・授乳中の体調を整えよう

  4. 知れば知るほど好きになる!トマトの魅力あれこれ

  5. 乳酸菌は種類が重要だった

  6. 知りたかった!妊活に役立つトマトの効果・効能

  7. 妊活にはトマトに含まれるリコピンが良いって本当?

  8. トマト 他の追随を許さない10の効能

  9. トマトを食べる4つの理由

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!
  2. プラセンタは肝臓にもいいって本当?メリットとデメリットを徹底解説!
  3. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

最近の記事

  1. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!
  2. プラセンタは肝臓にもいいって本当?メリットとデメリットを徹底解説!
  3. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

おすすめ記事

2019年9月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP