注目の記事 PICK UP!

リコピンの様々な効果と摂取方法

トマトなどに含まれるリコピンは、美肌効果や生活習慣病の予防、さらにはダイエット効果などさまざまな効果がある物質として近年注目を集めています。
ここでは、このリコピンの特長や効果、摂取方法などについて紹介していきます。

リコピンとは?

リコピンとは、トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツなどに含まれる赤い色素のことで、700種類以上ある天然色素カロテノイドの一種です。
カロテノイドとして代表的なものに、αカロテンやβカロテン、ルティンなどがあり、「抗酸化作用」があるのが特長です。
その中でも、リコピンは特に強い抗酸化作用を持っています。
リコピンの抗酸化力は、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍も強く、肌を傷つける紫外線から肌を守り、保水機能を高めてくれます。また、コラーゲン減少を抑制する効果もあります。

※抗酸化作用とは
人間の体内では、酸素を利用した代謝をはじめとしたさまざまな過程で「活性酸素」が生産されます。
活性酸素には、
・体内に侵入した細菌などを破壊する働き
・体内の余分な水素と結合し、水の形で体外へ排出する働き
など、人体にとって有益な効果がある一方で、
・体内の細胞を酸化させる働き
のような、人体に悪影響も及ぼします。細胞の酸化は、肌のくすみやシミなど、いわゆる「老化」につながります。
この体内に発生してしまった余分な活性酸素を除去してくれる働きが抗酸化作用と呼ばれるものです。

リコピンの効果

リコピンには、さまざまな効果がありますが、主なものをまとめると
・美肌効果
・血糖値の低下
・動脈硬化の予防
・アレルギー疾患や花粉症・喘息の改善
・ダイエット効果
などになります。
これらは先ほど紹介した、リコピンの持つ強力な「抗酸化作用」の恩恵です。
人体そのものも抗酸化力を持っていますが、年齢が進むと共に衰えていってしまいます。
したがって、年齢が進むにつれてリコピンを始めとする抗酸化力を持った物質を食品などから取り入れる必要性が高まっていきます。
抗酸化力が強い栄養素はたくさんありますが、その中でもリコピンの抗酸化力は非常に強く、ビタミンEの100倍あると言われています

リコピンの摂取方法

それでは、抗酸化力を持った物質はどのように摂取すれば良いのでしょうか?
ここではリコピンの主な摂取方法について紹介します。

リコピンは体内で生成されず、さらに摂取したリコピンも蓄積できる量に限界があるため、継続的に摂取していくことが必要となります。

リコピンの摂取方法は大きく分けて2つです。
・食品からの摂取
・サプリメントからの摂取

まず、食品からの摂取方法について紹介していきます。
リコピンを最も多く含む食品は「トマト」です。

リコピンは脂溶性(油に溶けやすい)のため、トマトを単体で食べるよりも、油と一緒に摂取した方が吸収率は高くなります。
また、リコピンは熱に強い為、オリーブオイルを使用してトマトソースにして食べるなどの方法も効果的です。
リコピンの目標摂取量の目安は1日15-20mg程度と言われています。
大きめのトマト1個分にリコピンは7-8mg含まれているので、おおよそ1日2個トマトを食べれば目標達成となります。
しかし、毎日トマトを2個食べるというのは、飽きてしまったり、そもそもトマトの味が好みでなかったり、誰もができるわけではありません。

そこで活用すべきなのが、2つ目の方法である「サプリメント」です。
サプリメントの商品は種類が多く、どのようなものを選ぶべきか分からないという方も多いと思います。
そこで、サプリメントを選ぶ際のポイントを挙げておきます。
・「原材料名」
・「アレルギー成分」
・「GMPマーク」
です。
「原材料名」には、使用している材料が、含有量の多い順に記載されるという決まりになっています。原材料名の最初の方にゼラチンやグリセリン、セルロースなどが書かれている場合は注意が必要です。これらは錠剤を固めるための添加物やカプセルの材料なので、目的の栄養素はわずかしか含まれていないということになります。
「アレルギー成分」については、卵、エビ、小麦など食物アレルギーがある人は、アレルゲンが含まれていないかを確認してください。
「GMPマーク」についてですが、これはサプリメントの製造工場に与えられるものです。原材料の受け入れから、出荷に至るまで、適切に管理されているかどうかを判断する指標になります。
品質管理、製造管理が徹底されている工場だけが取得できます。安心して飲めるサプリメントを選ぶなら、参考にすると良いでしょう。

リコピン摂取の注意点

体質によってはトマトジュースや生のトマトからリコピンを摂取するとアレルギー症状を引き起こす場合があります。
原因は主に下記の2つが挙げられます。
・仮性アレルゲン
・口腔アレルギー症候群

仮性アレルゲンとは:
仮性アレルゲンとは、その食べ物に含まれる化学物質自体が直接体に作用することです。食物アレルギーと混同しがちですが、まったく異なるものです。症状は様々ですが、じんましんやかゆみ、吐き気などを成分によって症状が異なります。
トマトに含まれているヒスタミンやセロトニンなどの神経伝達物質も仮性アレルゲンを引き起こす化学物質の一つで、特にヒスタミンは花粉症の人は避けなければならない化合物の一つです。花粉症の薬で「抗ヒスタミン薬」を飲んだことがある方も多いでしょう。花粉が体内に入ることで、分泌されるのがヒスタミンです。ヒスタミンが花粉を体外に排出しようとして起こる症状がくしゃみ、鼻水、涙などの花粉症の症状です。
ヒスタミンの働きを弱めることで花粉症の症状を抑えているのに、生のトマトやトマトジュースからリコピンを摂取しようとすると、ヒスタミンも摂取してしまい、かえって逆効果になってしまいます。

口腔アレルギーとは:
果物や生野菜に含まれるアレルギー原因物質(アレルゲン)が、口の中の粘膜に触れることで起こるアレルギー反応です。
花粉症の人などが、その花粉のタンパク質と似た構造を持つ果物などを食べた場合に、アレルギーを引き起こしてしまいます。
トマトは、シラカバ花粉やスギ花粉の花粉症を持っている人は注意が必要です。

これらはどちらもアレルギー反応に似た症状が出ます。軽いものだと口やのどのかゆみといった程度で済みますが、ひどい場合には呼吸困難などに陥ることもあるので、注意をしてください。
加熱することで、原因物質が分解されやすくなる為、どうしてもトマトで花粉症対策を、と考える方は一度加熱したものを摂るようにするのが良いでしょう。

まとめ

・リコピンには、「美肌効果」や「生活習慣病」、「ダイエット効果」など様々な効果がある
・これらの効果はリコピンの持つ「抗酸化作用」によるもの
・リコピンを最も多く含む食品は「トマト」
・リコピンの摂取にはサプリメントの活用も有効
・花粉症の人などはリコピンの摂取方法に注意が必要

関連記事

  1. 乳酸菌とトマトの効果

  2. トマトこそ最大の健康食。

  3. 妊娠中、トマトの食べ過ぎは良くない?

  4. 医者要らずの野菜~トマトの栄養を見直そう!!

  5. トマトが主役の絵本はこんなにある!

  6. トマトは生より加熱で食べて!生食用よりも加工用がオススメ

  7. 男性にも女性にも!できやすい体を作るために。

  8. ミニトマト栽培のすすめ~プランターでできる!家庭菜園~

  9. トマトの栄養 ~トマト乳酸菌とリコピンとは

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP