注目の記事 PICK UP!

リコピンは妊活はもちろん赤ちゃんの元気にも!

リコピンを効果的に摂取するために

リコピンを1日に摂る目安15mgを、生のトマトであれば2個分で、トマトジュースであれば1缶(150cc)で摂取することができます。毎日継続して摂るためにもサプリメントで補助することも効果的です。

また、トマトを生で食べる場合は熟しているものを食べるほうが、より多くのリコピンが摂取できると言われています。具体的には、完熟トマトは熟していないトマトの10倍も多くリコピンが含まれるという研究結果もあります。
加工用に栽培されたトマトは、樹上完熟させているものが多く、リコピン量も豊富といわれています。
調理の際、リコピンは熱に強いので加熱調理でバラエティーに富んだレシピが考えられます。
さらには、トマト製品からも摂取可能であり、トマトジュースやケチャップに含まれるリコピンは体内での吸収が良いので調理に使用することもお勧めです。

トマトの豊富な栄養素

トマトといえば「リコピン」が有名ですが、トマトには他にも多くの栄養素を含んでいます。
ビタミンAとビタミンCを豊富に含むことから免疫の向上や生活習慣の予防にも効果的です。
ビタミンAは細胞の増殖・分化、粘膜の健康維持に効果的であり、ビタミンCは還元作用と酵素阻害作用によりシミのもとになるメラニンの生成を抑えるなど、お肌にとっても重要となります。

さらには、クエン酸や有機酸によりたんぱく質の消化を助ける働きや、カリウムが豊富なため体内の過剰な塩分を排泄し血圧の上昇を防ぐ効果もあります。他にも葉酸による貧血予防も期待されます。

妊活をしている方にもトマトはお勧め

栄養不足は妊娠の妨げとなることもあります。
妊娠に必要とされる栄養素は様々ですが、妊娠しやすい体質になるために必要となる栄養素の一つとしてビタミンAがあります。このビタミンAはいろいろな役割を果たしてくれます。
・子宮環境を整える
・胎児の細胞分裂を促す
・細胞のダメージを修復する
・皮膚や粘膜を丈夫にしアレルギーを予防する
・各組織の機能を正常化にする
・コラーゲン、エラスチン、グリコサミノグリカンの生成を促進する。

妊娠初期のとくに妊娠が判明する妊娠1~2か月頃に胎児は活発に細胞分裂を繰り返しています。この時期にビタミンAが欠乏すると粘膜が弱くなり感染症にかかりやすくなる事があります。
また、ビタミンAの誘導体やビタミンAの異性体には、催奇形性をもつ事があるので注意してください。天然のビタミンAには催奇性はないと考えられていますので、天然の食品または食品を原料としているサプリメントから摂ることがお勧めです。

リコピンは赤ちゃんの免疫に関わる

リコピンは臍帯血への移行、母乳への移行の働きがあります。
妊婦が継続的にリコピンを摂取することで、より多くのカロテノイドを新生児に与えることができます。リコピンの作用により新生児の活性酸素の悪影響に対する生体防御機能が高まることが期待できます。

※臍帯血とは・・・
赤ちゃんと母親の胎盤を繋ぐへその緒のことを臍帯と呼び、その臍帯に含まれる血液を臍帯血という。
臍帯血を通して、母親から赤ちゃんへ栄養分が供給されます。また反対に、赤ちゃんからは老廃物が母親に返されます。

赤ちゃんの離乳食にトマトを

赤ちゃんが5,6か月くらいになると離乳食が開始される頃合いとなります。
おかゆや豆腐と柔らかいものから始まり、慣れてきたら野菜や果物を取り入れて栄養のバランスを考えることも重要です。離乳食にもトマトはお勧めです。リコピンの活性酸素を抑制する効果がアレルギー症状を抑えたり改善させます。赤ちゃんのアレルギー予防のためにも取り入れていきたい食品です。

また、トマトは生後5,6か月の離乳初期から食べさせることができます。注意すべき点はヒスタミン中毒を起こさないかどうかです。トマトに含まれるヒスタミンはかゆみの原因となります。ヒスタミン中毒では、口の周りが赤くなる症状が現れるので、食べる時には次のことを注意してください。
・体調の悪い時に食べ過ぎない。
・古いものを食べ過ぎない。

ヒスタミン中毒は、食物アレルギーとは異なるため、一度ヒスタミン中毒となったらもう食べられないことはありません。赤ちゃんのアレルギー体質に十分に注意し、新鮮なものを少しずつ与えていくと良いでしょう。
また、トマトアレルギーもまれに発症します。赤ちゃんに食べさせる時には、なるべく少量ずつをあげ、大量に与えないようにしましょう。

関連記事

  1. 妊活と不妊治療

  2. 【体験談】妊活サプリを飲み始めるまでが大変

  3. 【体験談】毎日自炊なんてできないわたしが選んだ「妊活サプリ」

  4. 【体験談】不妊症と診断された私が試した妊活サプリメント

  5. 妊活 基本のキは基礎体温のキ

  6. 女性の味方!!トマトと合う食材3選 美味しいレシピも♪

  7. 知りたかった!妊活に役立つトマトの効果・効能

  8. 排卵日予測検査薬と妊活サプリメント

  9. 知れば知るほど好きになる!トマトの魅力あれこれ

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP