注目の記事 PICK UP!

男性不妊・男性の妊活に!トマト&トマトジュースがイチオシ

トマトの健康効果は様々なところで語られています。近年特に注目されているのが、男性不妊への効果です。
本日は、トマトの栄養と男性不妊・男性妊活の関係についてお届けします!

男性不妊・男性の妊活になぜトマトが良いのか

男性不妊の大きな要因の一つに精子の状態が悪いことがあげられます。
それを改善するのに、役立つのが「リコピン」です。

トマトジュースと言えば「カゴメ」がかなり有名だと思います。そのカゴメが大学と共同研究し、2011年に発表したのが、トマトジュースの男性不妊の予防・改善効果でした。

トマトジュースを継続的に摂取することが、男性不妊患者の精子の状態にどのような影響を与えるか評価いたしました。 その結果、トマトジュースには精子運動率の改善効果あるいは精液中白血球数の低下すなわち抗炎症作用などがあることを確認しました。 男性不妊症に対して、薬物ではない飲料であるトマトジュースが受精率向上の一助となる可能性があると考えられます。http://www.kagome.co.jp/company/news/2011/001278.html

トマトジュースを継続的に摂取することで、精子の運動率の改善が見られたことから、精子無力症に対して有効であるのではないか、と示唆されました。
男性不妊のうち、精子に起因する問題がある場合はかなり多く、精子の状態を改善することは受精の確率を高めるのに役立ちます。

不妊症の原因 男女の比率は半々

不妊症は長らく女性側理由であると思われてきました。しかし現代では、男性理由によるものも多く、男性不妊、男性と女性ともに原因のある不妊を合わせると半数ほどになる、との研究結果がWHOより発表されました。

女性に比べ、男性は「専門医療機関」が無く、不妊症かもと思ってもなかなか受診しづらい現状があります。女性とともに産婦人科や不妊症専門外来などがある病院へいくことはあっても、なかなか男性だけでは行きづらいでしょう。
そもそも、男性には、精子が出る=妊娠させられるという認識をもっている方も多く、精子の状態が妊娠に及ぼす影響を知らない方も多いのです。
また、妊活用サプリメントなども、どちらかと言えば女性をターゲットにした商品が多く、男性用のサプリメントと言えば、精力剤と同じような、亜鉛、マカなどが多い印象です。

手軽に「男性の妊活」をかなえるトマト

そんな中、トマトジュースを飲むだけで「妊活」の手助けになるというのは非常に簡単ですし、日常的に行える方法なのではないでしょうか。
トマトジュースは苦手、という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、リコピンは加熱することでより吸収が良くなりますし、油分と採るとさらに良いとされています。
トマトジュースが苦手なようでしたら、ミネストローネや、パスタソースなどにトマトジュースを使ってアレンジするのも良いでしょう。

ちなみに、トマトの研究が非常に進んでいる「カゴメ」のトマトジュースは、様々な種類があるのをご存じですか?
ベーシックな塩分添加のものから、無塩、低塩タイプ、甘いトマトを使ったタイプ。また、野菜ジュースも野菜のみや、果汁入りなど種類が豊富です!
高リコピンの商品も多いので、ぜひ一度飲み比べて、飲みやすいものを探されてみてはいかがでしょうか。
カゴメ 飲料 商品ラインナップ
http://www.kagome.co.jp/products/drink/

リコピンを取るならトマトジュースが良い理由とは

リコピンが男性不妊・男性の妊活にとって強い味方になるのは、ご説明しました。しかし、「トマトジュース」が良い理由がちゃんとあるんです!

ピンク?赤?普段日本人が食べているトマトの色

トマトは、赤い色と思われがちですが、実は日本で一番多く流通し食されている生食用のトマトは「ピンク系」なんです。
「桃太郎」がトマトの品種名だということはご存じの方も多いはず。桃太郎はピンク系トマトの代表格ともいえます。日本でトマトと言えば、桃太郎をはじめとするピンク系トマトでした。これは、ピンク系トマトは皮が薄い種類が多く、生食に向いていることが大きな理由かもしれません。

リコピンは「赤」のほうが多い!

しかし、実はトマトの栄養素の一つ「リコピン」の量は、ピンク系よりも赤系トマトのほうが多いのです。
では、赤系トマトを食べたい、と思われるかもしれません。赤系トマトは生食用としてはあまり流通に乗りません。元々皮が硬く、生食に向かない赤系トマトは「加工用トマト」として栽培されていることが多いからです。
加工用トマトは、樹上完熟させ、収穫した日に加工されます。完熟させてから収穫される為、その栄養価は生食用トマトの3倍、とも言われます。
加工用トマトの国内生産量はそもそもあまり多くありません。そのため、赤系トマトが生食用として流通することはあまりないようです。

加工したトマトがオススメ!

できれば赤系トマトを多くとりたいところ。それを手軽に叶えるのが「トマトジュース」をはじめとした加工用トマトを使った製品です。
トマトの代表的な栄養素である「リコピン」は、生食では吸収しづらく、加工してあるトマトジュースやケチャップなどにすると吸収されやすくなります。
加工用トマトを効率的に摂取でき、栄養も吸収しやすいので、おすすめです!

最後に

男性の不妊は、いざ妊活をしないとわからない場合がほとんどではないでしょうか。わざわざ独身の男性が精子の運動率や状態を検査する、という話は聞いたことがありません。
ですが、精子も、卵子と同じように老化の影響を受けますし、生活習慣によって大きく左右されます。
男性が高熱を出すと、精子が死ぬ、というのはよく聞かれる話ですが、例えばサウナや、膝の上に高温になるノートPCを載せて作業をしている方、危険なんです!

今欲しいと思っていなくても、将来的にお子さんを望む場合もあるでしょう。その時に困らないように、若いうちから日常生活に潜むリスクを知っておくのが大切です。

妊活を始めてからでも遅くはないですが、ご自身の健康や、若々しさの維持のためにも、トマトやトマトジュース、リコピンを取り入れてみてはいかがでしょうか。
リコピンは抗酸化作用に優れた栄養です。精子の状態を改善することはもちろん、身体の調子を整えたり、若々しくいる為にも非常に活躍してくれます。
男性はもちろん、女性にも嬉しい効果がたくさん!
カップルで妊活をする方には、ぜひ生活習慣に取り入れてみて頂きたいドリンクです。

関連記事

  1. ネイチャーメイド「葉酸サプリメント」の効果は?実体験レビュー

  2. 【体験談】妊娠したい!妊活中の方の為の栄養素がたっぷりつまった妊活サプリの効果!

  3. 妊活 基本のキは基礎体温のキ

  4. 【体験談】35歳からの妊活・不妊治療の効果

  5. ディアナチュラ「葉酸サプリ」の効果は?実体験レビュー

  6. 知りたかった!妊活に役立つトマトの効果・効能

  7. リコピンは妊活はもちろん赤ちゃんの元気にも!

  8. 乳酸菌はこんなにスゴイ!妊活から妊娠中まで乳酸菌のチカラで元気な赤ちゃんを!

  9. アレルギーや免疫力UPに乳酸菌!妊活・妊娠中に乳酸菌を取りたい理由

人気記事

最近の記事

  1. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!
  2. プラセンタは肝臓にもいいって本当?メリットとデメリットを徹底解説!
  3. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

最近の記事

  1. プラセンタで臭う人には特徴があった!原因となる副作用を紹介!
  2. プラセンタは肝臓にもいいって本当?メリットとデメリットを徹底解説!
  3. プラセンタで太る原因と改善法【決定版】

おすすめ記事

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
PAGE TOP