注目の記事 PICK UP!

知れば知るほど好きになる!トマトの魅力あれこれ

トマトは毒の実だった!?

「ああ、おなかがすいて死にそうだ…。もう仕方ない、生き延びるためにはこの赤い実を食べるしかないようだ。…ガブッ!」
時は16世紀、このころのイタリアの貧困層は飢餓に苦しんでいました。そのような中、あるイタリアの少年が空腹を満たすため、庭に実っている赤い実を食べてしまいます。
「キャー!信じられないわ!あの赤い実には毒があるのに!死んでしまうのに!」
その少年を見た周囲の人々は、あまりの恐怖に失神する人もいたとか。
しかし、その少年は死ぬどころか、その赤い実のおいしさに虜になり、食べ続けたと言われています。
その赤い実の正体は「トマト」。当時イタリアでは、この実がベラドンナという毒のある実に似ていたことから、観賞用として栽培されていました。
トマトの原産国はメキシコ、またペルーのアンデス山脈と言われています。インカ帝国においては、700年代にはすでに栽培されていたとのことです。それからずっと後の16世紀にヨーロッパに伝わり、本格的に食用とされたのは、この少年がトマトを食べてから約200年後の18世紀と言われています。
日本には17世紀に伝わり、江戸時代では観賞用とされていましたが、明治時代より栽培されるようになり、一般家庭に普及し始めたのは戦後になってからとのことです。

続々増え続けるトマトの品種

現在では、品種改良も進み、甘みと酸味に加え、旨みがあってコクのあるトマトが人気です。世界中には、8000種を超えるトマトの品種があるそうで、日本では270種を超えるトマトが品種登録されています。「桃太郎」などのメジャーな品種から珍しいもの、またカゴメやデルモンテなどの企業が開発した品種まで様々です。
数多くの品種の中でも最近増えているのが、ブランドトマト。味はもちろん、作り方などにもこだわったブランドトマトは、たかがトマトとは言えない、高級品です。
そんなブランドトマトの中でも注目されているのが佐賀県の「光樹トマト」です。
甘味酸味のバランスがいいのはもちろんのこと、この付近の土地が有明海の干拓地だったということもあり、海水の塩分が含まれた土でできたトマトです。作付け面積も少なく、完全に樹上完熟させてからの収穫で、収量が少なく貴重なトマトでもあります。
とろけるような食感はまさにブランドトマトの名前にふさわしい一品!

人気のミニトマト

お弁当の色どりに、サラダや料理のアクセントに、カラフルなミニトマトが人気です!ひと昔前までは、トマトといえば、黄色が珍しいくらいだったのですが、今では、赤や黄色はもちろん、白、黒、紫、オレンジにゼブラ柄、緑と驚きのカラーバリエーション。
スーパーなどでも、ミニトマトの量り売りをやっていたりします。
そんなミニトマトの品種を少しだけご紹介します。


こちらは、赤いミニトマトでアイコという品種。赤には、リコピンという機能性成分が含まれ、強力な抗酸化作用や美肌効果が期待できます。
アイコは糖度が高く、甘酸っぱいトマトで、その可愛らしい形から人気の品種になりました。
赤いミニトマトは定番ですが、その分種類も豊富。
「ココ」「ピッコラルージュ」「千果」「ペペ」「トマトベリー」「キャロル7」「スイートドロップ」などなど、品種も様々。

黄色いミニトマトには、シス型リコピンという栄養素が豊富に含まれ、赤いミニトマトに比べて甘味も強いのが特徴です。
リコピンには、「トランス型」と「シス型」があり、通常の赤いトマトには「トランス型リコピン」が含まれています。これは、吸収するためにはシス型リコピンに変化させなければならず、加熱することで変化します。
黄色いトマトに含まれるシス型リコピンは変化の必要がないため、生で食べてもリコピンが吸収されやすいのです。
「イエローミミ」や「イエローアイコ」「イエローグレープトマト」「ハニーイエロー」「フルーツイエロー」などの品種があります。

オレンジ色のミニトマトには、ニンジンと同じ成分βカロテンが含まれています。品種によっては、ほかのトマトの2倍~3倍ものβカロテンが含まれていて健康の為にぜひ取り入れたいミニトマトです。にんじんが苦手なお子さんでも食べやすい、甘みがあるトマトが多いのもオレンジ色の特徴。
甘味がたっぷりあり、糖度の高いミニトマトです。フルーツよりも高い糖度を誇る品種もあります。
「オレンジパルチェ」「オレンジキャロル」「オレンジ千果」「スイートカロテン」などの品種があります。

茶色に見えますが、赤紫色なんです。この赤紫色のミニトマトには、ナスやブルーベリーにも含まれるアントシアニンという栄養素が含まれています。通常の赤いトマトには含まれていない成分で、この為不思議な紫がかった色味になっています。
クセのない味わいで酸味が少ないのが特徴です。
糖度が高く、フルーツのように食べられます。
「トスカーナバイオレット」「パープルローズ」などの品種があります。

熟していないようで熟している、緑のミニトマト。レストランではこの緑色が大変人気で、店頭ではなかなかお目にかかれません。サラダやソテーなどに使われます。
黄色っぽい緑になったら収穫のタイミング。外見からは想像がつかない、爽やかな甘みと酸味があります。
「みどりちゃん」などの品種があります。

 

 

茶×緑のゼブラ柄のミニトマトです。
ブラッディタイガーという品種で、「血まみれの虎」という意味。
甘味も強く、リコピンも豊富に含みます。プラムのような食感で、甘さも強く、珍しいミニトマトです。
また、「トキタ種苗」さんというメーカーで発売している「しましまシリーズ」は緑や赤、黄色などのしましまが特徴。
「しましまみどり」「しましまレッド」「しましまイエロー」などの種を販売しています。

この色は見たことあるでしょうか?白いミニトマトです。
皮が薄めの品種が多く、白というよりクリーム色に近い果実のなるものも。太陽光などの当たり具合によっても微妙に色が変化します。
「ホワイトチェリートマト」「チェリースノーボール」「白雪姫」など。

 

 

形が変わったミニトマトもあります。こちらは、高知県で栽培されている、涙の形をしたスウィーティアという品種。皮がしっかりしており甘味が強いミニトマトです。

また、加熱することで甘味が増す、イタリアントマト。リコピンは油に溶けるので、油と一緒に取ると、リコピンが体内に吸収されやすくなります。

おいしいトマト選び方って?

トマトの旨み成分は、ゼリー状の部分に多く含まれており、皮にペクチンが多いと言われています。ペクチンは食物繊維の一つでもあるので、ぜひ取り入れたいですね!
また、トマトの旨み成分はグルタミン酸です。鰹節に含まれるイノシン酸やキノコ類に含まれるグアニル酸などと一緒に食べるとより一層おいしく頂けます。

では、トマトの旬っていつでしょう?
夏野菜の一つですので、6〜9月頃と言われていますが、現在ではほとんどがハウス栽培ですので、冬の時期も旬となります。特に生産量が全国一位の熊本県では、冬春の時期から夏までが旬といわれており、ほぼ一年中を通してトマトが収穫できます。

それでは選び方はどうでしょう?どこを見て選んでいますか?赤いだけでいいのでしょうか?

色・・・ヘタの方まで色がまわっているもの。少し黄色がかっているものは鮮度が落ち始めています。
形・・・丸いもの。角張っているトマトは、中身がスカスカなものが多いです。
皮・・・張りとツヤがあり、ヒビがないもの。
重さ・・・重みのあるものは甘いです。
お尻の部分・・・放射線状に星形のスジがあるもの。
ヘタ・・・ピンと立っており、緑色の濃いもの。産毛のあるものはなお良いです。
ここまで揃うと完璧ですが、なかなか見つからない場合も。その時は、ヘタの周りを見て色を確認しましょう。完全に赤くなって収穫された完熟トマトは、リコピンやグルタミン酸が豊富です。

トマトをうまく保存するには

では、トマトの保存はどのようにしたら良いのでしょう。
完熟のトマトは、すぐに食べきるのがいいのですが、保存する場合は、ポリ袋に入れて野菜室で保存します。
青みがかったトマトは、常温で保存すると数日で赤くなります。
トマトの原産国は、メキシコやペルーといった熱帯地方です。ということは、トマトは暑い場所を好むということです。冷蔵庫で冷やしすぎると糖度が落ちるので、食べる直前に冷やす方が美味しく頂けます。
また冷凍する場合は、水分を十分に拭き取り、ラップで包み、ポリ袋に入れ冷凍庫へ。完熟した冷凍トマトは、水で洗うだけで皮がスルリと向けるので、皮を剥く為に冷凍してもよいですね。

いかがでしたか?トマトは知れば知るほど魅力がいっぱいです。新品種も続々登場されています。これからますます美味しくなるトマト、ぜひいろんな食べ方、そして色で楽しんでみて下さいね!

関連記事

  1. トマトを丸ごと使いきるお料理レシピ ~トマトファルシとトマトピラフ~

  2. 女性の味方!!トマトと合う食材3選 美味しいレシピも♪

  3. 韓国とウェルビンとトマト

  4. トマトを毎日食べて健康な体と美肌に!話題のリコピンと乳酸菌を徹底解説

  5. トマト 妊活の味方・最強野菜

  6. トマトこそ最大の健康食。

  7. トマトは生より加熱で食べて!生食用よりも加工用がオススメ

  8. 乳酸菌とトマトの効果

  9. トマトを食べる4つの理由

人気記事

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

最近の記事

  1. 年齢肌改善にはプラセンタが効果的!美容液と飲むタイプを選ぶポイントは?
  2. 40代妊活はプラセンタドリンクで卵子のアンチエイジングを!
  3. 「男プラセンタは女性化する」との思い込みは勿体ない!プラセンタドリンクは男性にも…

おすすめ記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP